ブログ

夏だよ

夏です!最近毎年恒例になってきた?鈴鹿4時間耐久レースもあるワケですが、その正式な発表はまた今度。その前にもてぎロードレース選手権もあるしその後に筑波ロードレース選手権もあるし・・・メンテナンスのお待ちの方もいらっしゃるので鈴鹿の準備だけでは無いですネ。ガレージ内は送風機4台にスポットクーラー1台が稼働してようやく普通の気温な気がしてます笑
そんな私は明日レン耐にお邪魔してきます。走ります。12時間耐久の夜間レースらしいですが予想気温は37℃らしい・・・夜でも27℃とか。さすがに辛そうです。・・・がせっかくお誘い頂いたイベントですので目一杯楽しんできます♪ 私はおりませんが藤平がおりますのでガレージは土日共オープンしています。4耐のマシン制作で溶けてるでしょうがネ笑

全日本ロードレース選手権 第5戦 筑波

全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦 筑波
ST600 Supported by BRIDGESTONE
TEAM ENDLESS by SHANTI SSM
平野ルナ
予選(1.2共に):26位 レース1:18位 レース2:21位




いよいよ前半の折り返しとなるホームコース筑波戦。全日本にはチーム設立から参戦しているが筑波は欠かしたことが無い。それだけ特別なコースでの全日本。SUGOの翌々週の開催だったがあの寒かった宮城県から一転・・・梅雨が明けちまった笑 連日35℃近いレースウイーク。それも2レース。正直過去例に見ない大変なレースだった。初日から暑さのせいもあり、タイヤとサスペンションに苦しんだが徐々に前戦の経験を生かしてアジャストしてきた。全体的にタイムは1秒くらい遅い・・・。転倒も相次ぐ。その中で予選はなんと26位。また26位。どうにもこうにも予選が悪い。予選と序盤の遅さだ。困ったもんだ・・・良い方向になったとしても本番で生きない。それは経験としてとりあえずは良いかな。ホームコースだけあって多くの声援を頂きました。応援団もありがとうございました!!
レース1。怖いスタート後の1コーナーを抜けて淡々と走る。集団から抜け出してアベレージは地方選手権時代より良い。しかし2レース制なので周回数が短い。あっという間にやってくる終盤。徐々に追いつきながらも前のライダーは目と鼻の先。そのままチェッカー。が、上位の転倒もあり18位でポイントを獲得できたことはとても嬉しい!素直に嬉しい!内容は悪かったがサバイバルレースと言われる筑波で生き残ったワケだ。忘れられないレースになったかな?
翌日のレース2。ポイント獲得したことで少し気持ちに余裕が出てきたか朝フリーでは悪くない感じ。マシンも良い。少々邪魔されたけれどもこれはまた後で書こうかな・・・。レース2スタート。伊藤レーシング古山選手にピッタリと張り付くがペースが良く抜くまでには至らない。そのまま前のペースに引っ張られあっという間に前方の集団へ。まぁつまり序盤が悪かったということで・・・。その後徐々に前との差を詰め終盤追いついた。ラストラップ。第1ヘアピンでまず1台。そして残るは最終コーナー・・・と思ったがなんとイエローフラッグ。ラインを合わせて立ち上がりでゼブラから並ぶ並ぶ・・・同タイムフィニッシュ。しかし写真判定で惜しくも21位となってしまった。が。レース2に成長を見せてくれたことが非常に嬉しい。ここで得た経験は必ず後半戦、そして来年に生きる。やはり何かを変えるのはホームコース。筑波様様でした。私としては非常に満足したこの筑波の全日本となりました。多くの皆さん本当にありがとうございました!!

全日本ロードレース選手権第4戦SUGO

全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 SUGO
ST600 Supported by BRIDGESTONE
TEAM ENDLESS by SHANTI SSM
平野ルナ
予選:26位 決勝:21位




しばらく間が空いた全日本ロードレース選手権ST600クラス。6月に入って寒い寒いSUGO。気温は16℃くらいだったかな?どこへ行くにも寒すぎた。初日はレインコンディション。SUGO自体平野ルナは初めて走るコースだったが、事前テストである程度お勉強。地方選手権じゃ悪くないタイムも全日本は流石に厳しいね・・・。レインはまずまずなんだが・・・。雨乞いはしたくないね笑 初日で転倒があったので少し不安だったが本人はケロッとしてゼブラ乗っちゃって~。・・・元気があって良い・・・。とにかくドライでのセッティングとライダーの頑張りかな。予選はとにかく速いライダーの位置で必死に食らいつけと。しかし中々事前テストのタイムを超えられない。寒さが影響していたとはいえ、さすがに全日本の予選だ。いまいち転倒と雨の後で元気がない。そのまま26番手と沈んでしまった。
初めてのSUGOのレース。当然追い上げのレース。スタートはいつものように無難にこなし、あとはしっかりと前向いて走って欲しかった。・・・が、前が離れすぎた・・・当分の課題はこの序盤の遅さだ。圧倒的に遅い。困った。追い上げとなってしまったが気づけばポイント獲得まであと1台。前は徐々に近づいてくる。こちらの方が1秒近くラップタイムが速い。いけるか?と思ったがそのままチェッカー。SUGOは平野に相性の良いサーキットだと思ったが、色々な要素が絡んでハードもソフトも悪い方に行ってしまった。チームも少し反省しなければならいところなわけで。次はホームコース筑波サーキット。2レースある。しっかりとSUGOでつかんだことを生かしてせめてポイント取るレースがしたいかな。応援頂いた皆様ありがとうございました!!そしてたくさんの差し入れも♪
個人的には地元東北でレースが出来ることはとても嬉しい。東北の空気吸ってるだけで元気になれそうだ。そのまま北上して地元に帰りたかったけどね。来週は中3日で筑波の事前テストがあるからそうも言ってられない・・・。

筑波ロードレース選手権第2戦

筑波ロードレース選手権シリーズ第2戦
ST600(N)
ENDLESS TEAM SHANTI
藤平康人
予選:16位 決勝:14位
JP250(N)
ENDLESS TEAM SHANTI
鈴木洋一郎
予選:10位(7位) 決勝:DNF

筑波選手権も第2戦。藤平は事前のテストが不十分すぎる形のまま終わってしまった。第1戦からほぼ走行していない筑波。色々とスケジュールの兼ね合いや資金的な問題もあると思うがここまでひどいとは思わなかった。正直。タイムこそ前回よりは上がったが頭打ちが早い。今のままではこれ以上伸びないだろうなぁ。準備不足が否めないのでこのまま終わりとしようかな・・・。
JP250の鈴木洋一郎も久しぶりの筑波走行からレースを迎えたがタイムは向上。今までの走り込みが効いてきた。決勝は良いところを見せられるポジションにいたが・・・よくわからないマシンがアウト側から追突。コントロールタワーへ確認にいったが間違いなくアウトからT字で追突してきている。訳がわからない。なんとも後味の悪いレースとなってしまった。

もてぎロードレース選手権第2戦

もてぎロードレース選手権シリーズ第2戦
JP250(N)
ENDLESS TEAM SHANTI
鈴木洋一郎
予選:2位 決勝:3位




もてぎロードレース選手権も第2戦となり前半戦の折り返しのレースとなりました。今回は事前の金曜日の走行がスケジュールの都合により走る事が出来ず、テスト無しからの土曜日1DAYレース。それでも鈴木洋一郎は朝フリーで自己ベストを記録して調子の良い感じ。危惧していたネガも対処出来たので予選にかなり期待を持ちました。エンジンも車体も良い方向に進み、予選はライダー自身初のフロントローの2番手スタートに。トップのライダーとは少しタイム差がありましたので集団のレース展開になると予想していました。 ツインリンクもてぎはこの日は快晴。この日最終レースのJP250はスタートしたのは16時すぎでした。スタートは無難に決まったかのように見えましたが1周目に8番手近くまでポジションダウン。ここから一気に追い上げ始めました。1周ごとに前のライダーをパスし、2番手のライダーへ迫ります。躊躇なくパスしポジション回復の2番手。ここから佐々木選手との4周にもわたる一騎打ちが始まりました・・・。見ているこちらもハラハラするような接近戦。コーナーごとにポジションが入れ替わり、ラストラップも2位でコントロールラインを通過。ダウンヒルを駆け下り、90℃コーナーを抜けて前にいましたが、ビクトリーコーナーで僅かなスキを突かれ3番手で立ち上がってきます。ホームストレートのストレート勝負。わずかにこちらのCBR250RRに有利でしたが僅差で届かず3位フィニッシュとなりました。本人は負けたがとても気持ちの良いレースが出来たと、そしてJP250クラスにステップアップして初の表彰台はチームとしても非常に嬉しいものでした。次戦は筑波ロードレース選手権第2戦。こちらも目が離せません!応援ありがとうございました!

Photo by KIKUCHISAN SPL THX!!

ENDLESSブレーキパッド×ミニバイク

あまり知られていないようですがエンドレスブレーキパッドはミニバイクカテゴリーのラインナップも充実しております。対応車種はNSR50/NSRmini NSF100 NS50R NS50F GROM CBR150R 等基本的な現役参戦マシンは全て網羅しております。絶対的な制動力はそのままに究極制御の名の元に優れたコントロール性を発揮します。関東では桶川スポーツランドや筑波コース1000での実績の多く、徐々にユーザーも増えてきて大変嬉しく思っております。グロムに関しては昨年HRC GROM CUPのグランドチャンピオンシップにて日本一を獲得し、ツインリンクもてぎの本コースでも信用できるパッドとして評価頂きました。ぜひお試しください。
ブレーキパッドはワイルドハウスWEBサイト。または私共GARAGE SHANTIにてお買い求めいただけます。SHANTIではセッティングも含めて街乗り/サーキットユーザー問わずセッティングのお手伝いまでさせていただきます。お気軽にお問合せ下さい。

Jr. TEAM SHANTI 74

シーズン途中ですが、若手育成の名目の元74Daijiro(ポケバイ)のジュニアチームを発足致しました。チームカラーで走る2台のマシン。ライダーは森山兄弟です。まだフレッシュマンクラスですが、今後エキスパート昇格へ向けてチーム全体で支援出来ればと思っております。エントラント名は[Jr. TEAM SHANTI 74]になります。主にサーキット秋ヶ瀬、千葉北ポケバイコース、春名スポーツランドでのレース活動となります。今後のレース業界への底辺拡大を目指し随時拡大していく予定ですのでチームとして活動が興味ある方はお問合せ下さいませ。また、このジュニアチーム発足に向けてご協力いただきました皆様方にお礼申し上げます。レースとは。チームとは。その在り方を今一度考え取り組んで参ります。

SUGOテストと牛タン

昨日は宮城県スポーツランドSUGOで平野ルナのテストに行っておりました。前日から入ったので夜は牛タン。当たり前のように牛タン。私、2週間前にも地元東北に帰った時も牛タン。1年分くらい食った気がします笑 SUGOは快晴。ここしばらくはSUGOに行くたびに雨だった気がしますのでとても新鮮。ゆったりとした雰囲気の中走行が進みます。平野はSUGOは初めて走るのですが、タイプ的には相性の良いと思っていましたが、やはり好きなようで。まずまずのタイムで初走行を終えました。4本の走行があったので、他にも全日本チームがテストに来ていましたし、地方選があるので多くのエントラントが走行していました。これくらいいつも台数があるともっと盛り上がるんだけどな。全日本は次戦がこのSUGO。テストがほとんどないので貴重な走行になりました。来週はもてぎ第2戦。もう2戦目か・・・早いなぁ・・・

CBR250RR×ENDLESSブレーキ

2017年型以降の新型CBR250RRのブレーキパッドが進化しました。従来の361のコントロール性はそのままに制動力を高めた仕様となっております。昨年、もてぎオープン11時間耐久ロードレースにて当チームのCBR250RはWSクラスにて優勝しましたが、その時に使用していたのが従来の361タイプであり、耐久性は抜群で11時間を走り切って摩耗は1mmという驚異的なデータを残してくれました。その進化型の520タイプになります。すでに多くのチームに採用していただき、今年も良い結果が残ればと思っております。こちらのブレーキパッドはGARAGE SHANTIでもお取り扱いしております。また、2輪エンドレス総代理店のワイルドハウス社のオンラインショップからもお買い求め頂けます。

2輪エンドレス総代理店ワイルドハウスオンラインショップ

このタイプは小中排気量車でのストリートでも問題無く使用できると思いますのでぜひご検討下さい。

今年こそはサーキット走りたい!というアナタ。

桜も終わって関東すっかり春デス。もはや最近は夏デス。各地でレースシーズンが開幕してサーキットは賑わい始めましたね。
さて私共GARAGE SHANTIはオープンから様々なお客様をサーキットデビューへ誘(いざな)って参りましたが・・・まだまだサーキットの敷居は高く一般のユーザーさんには難しいかもしれませんネ。一つは自走の危険性や不安等もあると思いますが、レンタカーなんかも一つの手だったりします。SHANTIではレーシングサービスも行っていますのでそちらもご利用頂けたら幸いです。詳しくはWEBTOPから。
確かに装備はお金かかりますし、サーキットを走るための最低限のオートバイの整備なんてことも必要不可欠ですのでわからないことだらけだと思います。・・・ので・・・今後、メールでのご対応であればご質問にお答えできると思います(時間のある時に・・・)のでお気軽にお問合せ下さい。なんなら突然遊びに下さい。ツーリングがてらここは首都高三郷線から降りてすぐなのでアクセスは良いハズです笑
レースだけでは無く、サーキットを始めたいという方に色々とご用意しておりますし、実際にチーム運営している私共から直接アドバイスも可能ですのでせめてうちだけは敷居を低くしておきます故。
それでは気持ちの良いシーズン。事故だけは起こさないようにバイクでしっかり遊びましょう♪