イベント

GROM×SHANTI×N-PLANマフラー

今回のSHANTIのGROMの第2章という事で取り組んだ事の一つに「耐久性」があります。このGROM。実は新車で来てからエンジンノーメンテです。先日のもてぎのグラチャンが終わって走行距離は1500kmと大して走って無いのですが、去年は桶川スポーツランドのプレシリーズ戦に参戦しましたし、今年は筑波1000のレースにフル参戦しました。仕様は強化クラッチスプリングが入っているだけです。さすがに今年初めに燃焼室の状態だけ確認しましたが。エンジンオイル(NUTEC)は毎走行交換しましたが割とローコストで2年間レース活動出来ました。
そしてなんといっても終盤に調子を上げてきた理由の一つにマフラーがあります。仕様は↓↓

ENDURANCE中間パイプ×N-PLANサイレンサー

これが大きかったです。筑波コース1000で他社のサイレンサーを何度も柳沢とテストし、比較し、割と高速コースの筑波での実績を出せました。もちろんテスト中はデータロガーを搭載し、アクセル開度・A/F・車速・回転数を検証しながらフィーリングの確認を行っています。一つのファクターとしてファイナルレシオもありますが、そこは未だに模索しています。
この日本一に輝いたN-PLANマフラーは販売する(販売してますか?中釜さん?笑)と思いますので気になる方はぜひお問合せ下さい。

N-PLANレーシング←こちらへ

足回りも含め車体にも色々苦労しました・・・余談ですがフロントフォークのスプリングも試しましたがSTDのWレートのスプリングを使っています。ワタシ含め柳沢もしっくりくるようです。フォークオイルは固めのもので減衰は効かせています。

HRC GROMについて、まだまだSHANTIでは第3章用意しております。GROMでレースに参戦したい方やサーキット走行されたい方はぜひお気軽にご連絡下さい。それでは今年1年GROMプロジェクトにお付き合い頂きましてありがとうございました!!

GROM×柳沢祐一 GROM CUP GC

HRC GROM CUP GRANDCHAMPIONSHIP
予選:9位 決勝:1位 日本一!!

この1年、SHANTIのGROMプロジェクトとしての第2弾で柳沢祐一を起用して臨んで来ました。結果的に筑波コース1000リンクスにおけるグロムカップはシリーズチャンピオンと獲得し、この今回のHRC GROM CUP GRANDCHAMPIONSHIPに参戦する事となりました。ツインリンクもてぎは柳沢がかつてGP125クラスで世界に挑んだサーキットでもあり、久しぶりのロードコースのスプリントレース。僕らも非常に楽しみにしていました。練習時間なんてほとんど無いので・・・昨年のファイナルをベースに柳沢の走りに合わせた仕様に。マフラーはリンクスの終盤から採用したN-PLANマフラー。エンジンマップも去年ベースから小変更。これだけ笑 なんともこちらもドキドキするものでした・・・。予選は途中で集団から抜け出てしまい・・・数周に渡ってロス・・・誰からもスリップをもらえない中終わってしまい9位・・・。
3列目からスタートした柳沢は1周目を2番手で帰ってきます。その後はトップグループ10台近い中での混戦に。何度もトップが入れ替わり、順位なんてわからない状態。残り数周で前に出た柳沢は、そのまま最終ラップに入りますが、トップで迎えた最終コーナー(東コースなのでヘアピン)でなんとバックマーカーにつかまります・・・アウトのラインを選択しそのまま逃げ切って優勝!念願の日本一を手に入れました!今回のグロムカップは非常にレベルが高く、西からも猛者が参戦。この中で勝てたことは非常に嬉しい勝利となりました。
参戦にあたりご協力頂きました各メーカー様、本当にありがとうございました!!

Photo by KAJISAKIsan THX

CBR250R DREAM CUP GC B

CBR250R DREAM CUP GRANDCHAMPIONSHIP B
ツインリンクもてぎ HONDA Thanks Day
CLUB SHANTI
鈴木洋一郎
予選:8位 決勝:4位





今年最後のレースとなったHONDA Thanks Day内で行われるCBR250R DREAM CUP Bのグランドチャンピオンシップ。先週の鈴鹿NGK杯のCBR250RRからCBR250Rに乗り換えて参戦するのはもちろん鈴木洋一郎!!乗り換えに苦戦しましたが、なんとか予選は8位。そもそも予選の前に練習時間は20分しかないうえに練習後の5分後に予選・・・。何も合わせられずにそのまま終わってしまった感じがします笑 いつもの街乗りスタートを決めて、トップグループにいたのですが序盤に2コーナーでコースアウト(といっても縁石外側に)してしまいセカンドグループでの戦いに・・・残念・・・ペースは悪くなかっただけに悔やまれる。セカンドグループでメインストレートで接触があり、なんと左ハンドルが内側へ・・・不運は重なるか?と思ったが、自力で戻してなんとか4位フィニッシュとなりました。鈴鹿に続いて4位。惜しいです・・・。それでも来年のレースに向けて終盤は良いレースが出来たのでとても楽しみです。しっかりとオフシーズンに練習すれば開幕戦は台風の目になる事でしょう!!

Photo by KAJISAKIsan THX

鈴鹿NGK杯 CBR250RR CUP GC

鈴鹿サンデーロードレース選手権シリーズ NGK杯
CBR250R/RR DREAM CUP GC
CLUB SHANTI
鈴木洋一郎
予選:7位 決勝:4位





鈴鹿NGK杯の季節がやって参りました。・・・が今回平野ルナは怪我のため欠場になってしまい、鈴鹿に行く事は無いかなー?と思っていましたが・・・が。先日の筑波ロードレース選手権最終戦のCBR250R/RR DREAM CUPにて優勝した鈴木洋一郎にお声がかかりまして、なんと鈴鹿のグラチャンに急遽参戦することに。嬉しい限りです。もちろん鈴鹿は初走行。レースウイークの月曜日に2本走り、そのまま金曜日の特スポを迎えました。走るごとにタイムをあげ、順調そのもの・・・ぶっつけファイナルも合ってるのか?足回りも意外に予想していた感じで悪くない・・・。表彰台イケるのか?と思っていましたが予選は7位。今一つ乗り切れなかったですね。今年は快晴に恵まれてとても助かる。去年は豪雨だったからね笑 決勝レースは序盤の展開に苦しむものの徐々に順位を上げ、最終的にはなんと総合4位。表彰台まであと少しというところまできました!このパッケージとこのウイークを考えると上出来です!兄貴やったね!昨年からレースを始めたとは思えない上達ぶりです。
そんな兄貴鈴木は今週のツインリンクもてぎで行われるCBR250R DREAM CUP Bにも参戦します。グラチャンのハシゴですね笑 応援よろしくお願い致します!!

Photo by KIKUCHIsan Thx

CBR300R(JP250仕様)売ります。

2016-2017年シーズンJP250クラスに参戦したCBR300Rを売却致します。
ベースはCBR250R(MC41)後期型になります。CBR250R DREAM CUP仕様(CBRカップ)仕様へ戻せるSTDパーツも付属しています。チームの所持しているマシンではありませんのでチーム員の藤平と直接お取引して頂きます。
以下に詳細を記載しましたので興味のある方はご連絡下さい。




CBR300R(HRC CBR250Rレーサーベース)藤平車
・エンジン HRC300ccキットパーツ
・サブコン RAPIDBIKE RACING/クイックシフター/My Tuning Bike+A/Fセンサー
・ラジエター NSF250R(NX7)改
・スパークプラグ NGK
・吸気系 オリジナルエアダクト+BOX加工(JPレギュレーション)
・マフラー N-PLAN CBR300R用
・クラッチ STD+WM強化クラッチスプリング
・スプロケット SUNSTAR 520 F:14/15丁 R:37/38/39/40丁
・チェーン RAGINA 520
・エンジンオイル NUTEC CBR300R用
・Fフォーク S&EPRECITION Fフォークスプリング 0.7/0.75
・リアサスペンション オーリンズ CBR300R S&EPRECITION制作
・Fブレーキシステム ENDLESS→ブレーキホース/ブレーキパッド/ブレーキフルード
・F/Rブレーキディスク STD
・フルカウル クレバーウルフ製
・フレーム 2017年春に新古品に交換
・スペアパーツ ホイール2セット(ディスク付) その他 STDパーツ多数

価格:¥500,000

ENDLESSブレーキパッドの販売

お問い合わせいただきますENDLESSブレーキパッドのお取り扱いですが、用品店様ではライコランド東雲様にて多くのラインナップを揃えております。また、こちらのENDLESS2輪総代理店WILD HOUSEにてオンラインにてお買い求めいただけます。オンラインではウェビック様でもお取り扱いございますのでぜひご利用ください!また、エンドレス2輪製品について詳しくお聞きになりたい方や現物を見てみたい方はぜひ私共GARAGE SHANTIにお越しください。お電話でも可能です。シャンティではミニバイクからビッグバイクまでほぼフルラインナップ揃っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。また、サーキットやレース等でもある程度在庫はお持ちいたしておりますので、こちらも併せてお気軽にお声がけください。エンドレスブレーキパッド最高の究極制御をお試し下さいませ。

SHANTIデモ車♪CBR1000RR SP

GARAGE SHANTIの根源はやはりストリート♪ 最新のスーパースポーツの恩恵を自身で体感してみないと始まらない。というわけで、このCBR1000RR SP(SC77)が今年からうちのデモ車でもあり、先導バイクであり、ツーリングにサーキットにフル活用しています。ブレーキ周りはもちろん新型のENDLESSブレーキパッドとRF-650が支え、ブレーキディスクにはサンスター製のワークスエキスパンドを使用。このディスクは桜井ホンダさんが今年鈴鹿8耐で使用したものと同じです。カラーリングも左右非対称。このフィーリングは抜群です。更に今回ネガだったステップ周りを一新。ベビーフェイス製のステップを導入しました。純正シフター対応が遅れていたようでようやくうちのマシンもしっかりとしたシフトリンクと操作性を手に入れました。今後も少しずつこのマシンは手を加えていきますが、この電子制御の塊のようなマシンをストリートで、そしてサーキットでスタンダートのまま色々な事を試していきたいと思っています。

1DAYメカニック承りますよ♪

初めてサーキットを走りたい方や、レースに参戦を考えていて少しでもタイムを上げたいといったレース/サーキットビギナーのために[1DAYメカニック]を行っています。希望があれば車両の運搬から設備(発電機・タイヤウオーマー等)も全てご用意した上で、現地でお手伝いさせて頂きます。走行前の車両の基本メンテナンス込でセットアップから全てお任せ下さいませ。中々一人でサーキットに行くには敷居も高いでしょうし、不安になるかと思いますが、そのような思いをお持ちの方はぜひご利用下さい。料金は走行するサーキットによって変動致しますので、お気軽にご連絡下さいませ。

また合わせて、[こそれん]にてマンツーマンスキルアッププログラムもございますのでぜひ♪こちらは先導含めてしっかりと1日お手伝いさせて頂きます。ぜひぜひお気軽に~!

最終戦へ。CBR250R

この15年型CBR250Rはとても感慨深いマシンだ。新車から私が面倒見ていて平野ルナがCBR250R DREAM CUPエキスパートクラスにデビューしたマシン。今はST600にてCBR600RRを駆っており、現在はチームの兄貴、鈴木洋一郎が乗っている。もちろん引き続きこの車両はワタシが全て見ている。今年はもてぎロードレース選手権のCBRカップに参戦し、転倒などもあってランキングは振るわなかったが、まだグラチャンが残っています。エンジン自体はすでに10,000kmを超え・・・もて耐の11時間にも使用した。頑丈だねぇ~この単気筒エンジン。まだまだ行けそうだよ笑 先日行われたもてぎの最終戦でシフト周りに少しトラブルが出て、ようやく完治したと思う。問題は洗い出したからたぶんこれでOK。たかが300円程度のパーツだよ・・・。このマシンは3年連続でもてぎのHONDA Thanks Day内のグラチャンに参戦することになる。もちろんマルクマルケスやダニペドロサとも走ったよ?笑 愛着のあるマシンってのは良いもんです。これからもうちで管理出来れば幸いです。また、来年もこの単気筒CBR250Rでのカップ戦が行われるとリリースがあり、割とホッとしました。これだけもてぎでエントラントのあるレースを無くすのは惜しいし、CBR250RRのカップ戦は台数集まるのだろうか・・・と疑問もあるし・・・。うちは来期のCBR250Rカップには参戦予定は無いが、お客さんチーム、もしくは新しくこのレースに参戦したいという方がいればぜひお手伝い出来たらなと思っています。SHANTIは基本的にはレース・サーキット初心者のために活動している旨があり、どんどんエントラントを増やすのが僕らの使命でもあるわけで。そんなライダーの皆さまをお待ちしております。

ライコランド様イベントに参加

11月3日。箱根ターンパイク大観山の駐車場で行われたライコランドツーリングスマイルinHAKONE大観山にENDLESSブースを展開させて頂きました。朝のブース設置開始から早くも多くのライダーが足を運んで頂き、駐車場は満杯。多くのメーカーさんもブースを出しておられ、エクストリームショーや試乗会等も開催されており、皆さまにとってはツーリングの目的、またはツーリングの最中にとても良いイベントとなったと思います。エンドレスブレーキパッドも多くのライダーの目に留まり、熱心に話を聞いて行かれとても嬉しい限りです。エンドレスブレーキパッドはGARAGE SHANTIでほぼ全車種在庫しており、サーキットやストリートでのインプレを直でお話させていただきます。もし今までのブレーキに不満を持っていたり、ご検討されている方がいらっしゃいましたらぜひ足を運んで頂けたらと思います。