イベント

NSF100/パートラッピング

NSF100のタンクカバーのパートラッピングを施工しました。レッドメタリックとマットブラックのツートンで切り替えです。既存カラーで在庫してあるフィルムでの施工でしたので3日程で完成しました。前側も黒にするか悩んだのですが・・・黒にしました。大人っぽい赤でシックな感じで落ち着きました。こちらもサーキットで使用するので分割多めで施工しました。これからコブラシールドも施工します。新品の白ゲルのFRPへの施工となりましたが、中古パーツや傷ついているものはなるべく修正して施工しますが、ある程度フィルムが追従して窪みなどが出来てしまいます。なるべく綺麗な状態でのラッピング施工をおすすめします。FRP外装は特に新車時や新品パーツの状態だと非常に綺麗に仕上がります。





車両:HONDA NSF100 FRPタンクカバー
施工期間:3日間
メディア:3M 既存カラー
コンセプト:レッド/ブラック

鈴鹿サンデーロードレース第3戦

鈴鹿サンデーロードレース選手権シリーズ第3戦
ST600(INT)
ENDLESS TEAM SHANTI
澤村俊紀
予選:9位 クラス(4位) 決勝:9位 (3位)




鈴鹿サンデーロードレース第3戦東コースでのレースに参戦して参りました。今回も前戦と同様に私と澤村の2人だけの弾丸レースツアー。このサンデーでのインタークラスのランキングで全日本最終戦に参戦出来るので今年4耐を諦めた澤村にとっては大事なレースとなりました。ちなみにレース前はランキング3位です。ウイーク通して雨から晴れに変わる梅雨らしい天候に振り回され・・・土曜日の特別スポーツ走行はドライで走れました。これが足回りのセットが非常に良く機能してくれまして霧雨降る中自己ベストを記録・・・。シンプルなセッティングってのは大事だなと自覚しました・・・。前回のテストに行った時の澤村のインプレからガレージでミーティングして決めたリアサスペンションがハマり、逆にこれがダメだったらどうしようかと思ってました笑 そして予選は雨。ほぼ降っていないレイン。雨セッティングのイメージを作って臨みましたが不発・・・途中ピットインしてリアを振る。なんとか巻き返して9位。ギリギリ最低ラインはクリア。決勝はドライだと思って戻した車体も、まさかの雨。決勝もレインへ。スタートして俺は澤村を見失います。どこだ?いない?旗振られていないのでとりあえずスタートしたと思ったら20番手くらいで戻ってくる・・・。ニュートラルでスタートかましたようだ笑 そこからは追い上げの展開。上位と変わらないペースで短い周回数の中グングン順位を上げて9位。クラス3位で終えた。雨が味方したか?どうか?それはわからないが、とりあえず繋がるレースとなりました。

CBR250Rレーサーフルラッピング

チームカラーのCBR250R(CBRカップ仕様)のフルラッピングが完成しました。基本的にはチームカラーリングの再現のみでしたがフロントフェンダーからタンクまで全てフィルムによるラッピングです。これから外装ステッカー等の施工もありますがこの状態で見て頂きたいと思いこのまま写真を上げました。レーサーなので転倒する箇所は分割で施工してありまして、破損してもその部分だけ補修出来るようにローコストでいけます。もちろんデザインでの出力シートも予備は保管してありますのでご安心下さい。こちらの車両はレーサーでの制作でしたが、ストリートの一般車両向けに施工方法を選択できます。タンクのみ、フェンダーのみのパートラッピングも可能です。また、純正色にラインやデカールを追加する事も可能です。


こちらは単色の既存カラーフィルムですので、施工時間は約1週間です。使用したフィルムは3MとORACAL。ちょっとカラーの段取りの問題で2社のフィルムを使用しました。フルデザインでのラッピングも可能ですのでぜひお問合せ下さい。もちろんストリート車も街でしっかりと目立てるオリジナルバイクを一緒に作りましょう!!





車両:HONDA CBR250R HRCレーサー
施工期間:約1週間
メディア:既存カラー
コンセプト:チームカラー再現

DUCATI×ISAスプロケット

久しぶりのDUCATIの作業です♪ 相変わらずド固いリアのナットを気合いで外す・・・。ダンパー部分もかなり痩せていたので交換しました。チェーン調整が楽なのは良いですね。スプロケットも丁数の変更です。もちろんISAスプロケットです。削り出しのこの美しさたまらんです。うちのENDLESS TEAM SHANTIは全てISAスプロケットを使用しておりますよ。耐久性ももちろんですが軽さも最高です。この車両はチェーンも交換しました!もちろんこちらもDIDチェーン!ERV3です。トラブルらしいトラブルは起きたことが無いですしサーキットで酷使していますが、耐久性もあります。ぜひお試し下さい♪
さて、今週末は鈴鹿サンデーロードレースがありますので私は鈴鹿におります。ご迷惑おかけ致しますがよろしくお願い致します。あ!スタッフは残っておりますので何かあればお気軽に遊びに来て下さい。

パートラッピングもお気軽に♪

先日お伝えしたフルラッピングに入っているCBR250Rレーサー♪着々と進行中です。こちらはフロントフェンダー。チームカラーの水色です。けっこうバキバキに割れていたんですが・・・なんとかここまで綺麗に修正してラッピング施工しました。フルカウルももう少しで完成です。バイクのフロントフェンダーはパッと見視界に入って来るのでカラーチェンジしただけでも印象が変わりますよね。例えばサーキットでピットロードで見ていて立ち上がってくるマシンのフェンダーやアッパーマスク部分が派手だと見つけやすかったり笑 蛍光色を使っているユーザーが多いような気もします。ストリートでもこれだけ鮮やかだと映えますね♪映えです映え笑 このフェンダーのようにパーツのパートラッピングも受け付けております。もちろんすぐに剥がせますよ。お気軽にご相談下さいませ。

SHANTIラッピングページ↓↓
https://shanti-lp.com/wrapping/

コブラシールド取扱店募集中です。

株式会社rouxroux モーターサイクル事業部 GARAGE SHANTIではスーパープロテクションシート[コブラシールド]取扱店様を募集しております。パッケージ商品でのご用意もございますので、エンドユーザー様への販売も含め、各ショップ/店舗での施工まで幅広く商材としてお使いいただけます。施工に関しましては弊社スタッフからの技術講習もございますのでお気軽にご相談下さい。バイクはもちろん車へのプロテクションシートとしてはもちろん様々な傷を付けたくない部分への無限の使い方がございます。新車納車時や高級車等への施工でのオプション等が最適です。ご興味のある方はぜひご連絡頂けたらと思います。

コブラシールドの詳しい概要はこちら
[コブラシールド]

また合わせましてラッピングフィルムによるカラーチェンジを行っております。こちらも提携店様を募集しておりますのでこちらをご参照下さい。売上アップの商材としてお使い頂けたら幸いです。
[ラッピング提携店募集中です。]

ラッピング提携店募集中です。

株式会社rouxroux モーターサイクル事業部 GARAGE SHANTIではオートバイ他様々なラッピングによるカラーチェンジ施工を行っております。この度、他店様(バイクショップ/ディーラー)のラッピング作業提携店様を募集することとなりました。お店での新車納車時のオプションとして、またはカスタムの一つとしてラッピングによるカラーチェンジをお客様にご提案できるような形にしたいと思っております。施工に関してはお預かりまたは出張施工も可能ですので施工部分によって臨機応変にご対応致します。デザイン・出力・施工まで一貫してお任せ下さい。デザイン打合せに関しましてもお電話又はメールにてスピーディーにご対応させていただきます。各店舗のオートバイ/バイクの売上げのUPにぜひ共ご活用頂けたら幸いです。お気軽にご相談下さい。

また、合わせて当社の扱うスーパープロテクションシート[コブラシールド]の販売店様も募集しております。詳しくは下記リンクをご参照下さいますようよろしくお願い申し上げます。
[コブラシールド取扱店募集中です。]

CBR250Rラッピング施行中♫

先日の走行でクシャクシャになったクラブ員のCBR250Rレーサー。CBRカップ仕様です。FRPカウルの修理が終わりましてこれからラッピング作業に入ります♫基本的なベース色はチームカラーの紺色と水色ですがこれをフィルムで施工します。メディアは既存のORACALで出力でのシートではありませんので作業自体は非常に早いです。転倒するとどの箇所が接地し、どこに傷が入るかレース活動を通してうちは知り尽くしているので良く壊れる箇所はパートラッピングで分割し、今後転倒破損があってもすぐ張り替えて修正出来るようにしていきます。これがラッピングの良いところですよね♫ レーサーは転倒が付き物ですし、かと言ってボロボロのカウルのまま走るのも少し気になりますが、ラッピングなら一度施工してしまえば破損部分だけカラーリングも補修することが出来ます。それも綺麗に。ローコストで。
シートカウルも何分割に壊れたことか・・・笑 綺麗にFRPとパテで修正してありますのでラッピング施工も綺麗に素早く行えます。傷ついた外装ですと、浮いてしまったり汚くなってしまうので、新品状態か傷ついていない状態での施工をおすすめします。もちろんスポンサーロゴやグラフィックの出力もした上での施工も可能ですのでサーキット/レースユーザーさんはお気軽にお問い合わせ下さい。またストリートでの一般オートバイユーザーさんにも気軽にカラーチェンジ出来ますので、自身のお好きなデザインやカラーリングにすることが出来ます。何より、剥がせば元に戻せますので売却の際にも安心してご利用いただけますよ♫ GARAGE SHANTIのカラーラッピングサービスぜひご利用下さい。お問い合わせ頂いた後に車両を拝見しデザイン打ち合わせからお見積もり作成しご納得して頂いたデザインで施工させていただく流れとなります。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。
そうそう。バイクの外装だけでは無く、工具箱や色々な物にもラッピングフィルムは施工可能ですのでご相談に乗りますよ♫

ヘッドライトにもコブラシールド!!

あらゆる傷から守るスーパープロテクションシート[コブラシールド]。本日のおススメはヘッドライトです♪ちなみにこれDio110ですが写ってる部分はウインカーです笑 もちろん施工してあります。よーーーーく見て下さいね?写真撮ってから「ここウインカーやん」・・・と。高速道路では意外と飛び石があるものです。ヘッドライトよーーーーーく見て下さい?実はけっこう傷ついてるものです。せっかくの愛車のためにもぜひコブラシールドをご検討下さいませ。厚みがありますがある程度の曲面には施工可能です。もちろん車にも。トヨタの86にはも施工実績があります。しかし・・・車のフロントガラスには施工出来ません・・・どうしてもプロテクションを優先すると視界に影響が出ます。ご自身で施工されたい方にもパッケージ版をご用意しておりますので、ぜひお気軽にお問合せ下さい!

コブラシールド https://shanti-lp.com/cobrashield/

全日本ロードレース選手権第4戦筑波

2019全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦
筑波サーキット
ST600 Supported by BRIDGESTONE
ENDLESS TEAM SHANTI
鈴木光来/HONDA CBR600RR
予選:RACE1 25位 RACE2 29位 出走台数39台
決勝:RACE1 24位 RACE2 20位

MFJ CUP JP250
ENDLESS TEAM SHANTI
中村龍之介/HONDA CBR250RR
予選:RACE1 3位 RACE2 6位 出走台数29台
決勝:RACE1 6位 RACE2 2位

J-GP3
ENDLESS TEAM SHANTI
柳沢祐一/HONDA NSF250R
予選:RACE1 26位 RACE2 26位 出走台数27台
決勝:RACE1 19位 RACE2 16位

全日本ロードレース選手権も前半戦最後のレースとなる筑波大会。今回はこのホームコースでもある筑波にはスポット参戦の柳沢を含めて3カテゴリー3台でチャレンジする事になった。ST600の光来は事前テストから乗り方のアジャストに取り組みそれが裏目に出て転倒が多かった。レースウイーク初日にもそれが出てしまいかなり不穏な空気となってしまった事は否めなく・・・。ただそれでも自己ベストを順調に伸ばしてくる。予選はA.B組と二つに分かれていたが、光来はA組。B組は最後の最後で雨が降ってしまい組の15位までの頭取りでの予選結果となってしまった。タイム的に速かった光来は後方に沈んでしまう・・・。レース1は久しぶりのレインレース。スタートは無難だったがペースが掴めず何も出来なかった。翌日のドライでのレースに期待していた。ドライとなったレース2は最後列グリッドから・・・。序盤なんと最後尾に落ちてしまったが(本人ビリとは気づいていない笑)徐々にペースを取り戻して前を行く集団に追いついて行くレース展開へ。が、短い周回数ではそこまで。上位のペナルティもあり20位で1ポイント獲得で終わった。
JP250の龍之介は事前テストから元気だった。事前での総合トップタイムを記録して2本目早々にハイサイドで転倒。マシン修復はこのレースウイークギリギリまでかかってしまった。マシンのダメージも見受けられなかったので予選はベストを更新しなんとかレース1はフロントロー。レース2は5番グリッドとなった。レース1はレイン。車体のフィーリングを掴めず前の集団に離されるばかりか、後方の集団にも追い上げられる。そしてそのまま赤旗終了。赤旗が無かったらもっと順位を下げていただろう・・・。レース2はようやくドライでのガチンコレースとなった。スタートは相変わらず笑だったが、気迫で先頭グループに割り入る。数周で3台のマシンでのトップ争いが始まり、ストレートで抜かれ1コーナーで抜き返す展開に。ENDLESSブレーキシステムのおかげだな♪ ファイナルラップでも競り合いは続き最後の最後。最終コーナー立ち上がりでしかけるも0.000秒差。同着だったが2位で終えてしまった。またしても2位。次こそはと。
10年ぶりに全日本のレースを走る祐一。こちらもレースウイーク初日にトラブルのため2本目が走れず。これはちょっと酷い人的トラブルだった。走行中に出なくて良かった。予選はセットを大きく振ってチャレンジするも振るわず下位に沈んでしまう。しかし、レース1の雨の中レインタイヤに好感触だったのか、祐一らしいレース展開をしてくれた。これぞ柳沢祐一というレースに地元の皆さんは楽しんくれたと思う。そしてドライのレース2。昨日の手応えを感じたのか序盤物凄い追い上げを見せる。あっという間に13位へ上がり集団のトップを快走する。見ていて楽しくなるレースだったよ。終盤少しタイヤの消耗に苦しんだか順位を落としてしまったが16位でしっかりとポイントを取った。

こうして全日本の前半戦は終わりました。ホームコースだけにもっと良い結果を求めたがこれが今の実力なのだとしっかりと理解して行こうと思います。オゴルコトナカレ。これに尽きる。まだまだ力が足りないのだ。そのためにもしっかりと準備しないとね。
全てのご協力・応援して頂いた皆さんありがとうございました!!