イベント

メール/WEBトラブルについて。

先日よりWEB及び、メールの方に不具合が出ており、先ほど復旧致しました。先週21日以降にメールをお送り頂いた方には大変申し訳なく思っております。恐らく宛先不明で戻ってしまっているかと思います。大変ご迷惑をおかけしております。現在は全て復旧しております故、よろしくお願い申し上げます。

全日本岡山大会について。

SNSを通じてご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、諸事情により全日本ロードレース選手権岡山大会はST600/JP250共に欠場する事となりました。JP250の中村はランキングを争っており、ST600の鈴木も調子を上げている最中での欠場となってしまいました。チームとしても非常に悔しい事となってしまいましたが、オートポリス大会への参戦へ向けて調整中です。ご支援頂いている皆様、スポンサー様他、多くの方々に大変申し訳無く思っております。引き続き応援の程、よろしくお願い致します。


ENDLESS TEAM SHANTI
代表 風晴大翼

DUCATI TEAT DAY🎵 灼熱

当社でプロジェクトのお手伝いをしているDUCATI MONSTER1100のテストに灼熱の筑波サーキットへ行ってきた🎵朝から鋭い真夏の太陽。いるだけで汗だくだ・・・。今回は私はメカニックというよりただのお手伝いってか見守り係。それでも現場に行くとライダーとあーでもないこーでもない打ち合わせしてしまう笑 このマシンは筑波TTに参戦しているがドノーマル車両なのでどこまで細かいセッティングとライダーの腕だけで勝負するかがキモ!なプロジェクト。この日はファイナルのテストだったわけでこれが大当たり🎵計算したレシオが筑波にだいぶ合うようになった。最高。ライダーは吐きそうになりながらも喜ぶ。こういったレースが良いよね。全日本は疲れるよ・・・。まだまだ暑い夏は続く!

桶川GROMトレーニング🎵

先日・・・灼熱の桶川スポーツランドへGROM3台を持ち込んで地方選手権チームとトレーニングでした🎵いや・・・もう・・・暑い。10周でダウンです笑 私は3月ぶりに乗りましたが全く乗れません・・・体も動きません・・・体重も増加したようで・・・。40代組が一番元気なような笑 今回SHANTIのグロムはリアのバネレートテストも兼ねての走行でしたが、大きく外れまして寝かせられない開けられないと散々なマシンになってしまいました。それでも調整機構が無いカップ仕様を汗だくになりながら仕様変更。なんとか乗れるレベルに。路面温度は恐らく60度近くだったでしょう。ただのダイエットにいったような気がします笑 また8月にトレーニングいきます🎵私が笑

鈴鹿8耐 〜ツーリング〜

鈴鹿8時間耐久レースも終わりましたね。だいぶ経ちますがちょうど梅雨が明けて夏になったみたいですが夏が終わった感もあります。SHANTIは今年の鈴鹿4耐に参戦しなかったので、桜井ホンダさんからツーリングのお誘いを受けて行って参りました。会長のおやじさんと社長のトシさんの後ろを走るなんて中々無い機会でしたので感慨深いものが・・・笑 RC213V-SにCBR1000RRにCB1300SPとHONDAのトップモデルだらけです。そしてお泊まりはキャンプ。台風です笑 暴風雨で目覚めます笑笑 お手伝いとして行ったのでお客さんとも交流できて楽しい3日間となりました。レースは桜井ホンダチームが10位フィニッシュ!!最高です。そーどーも作本も伊藤さんも最高でした。お客さんのオーディエンスも最高潮🎵多くのお客様に支えられてレース活動が出来る桜井さんんはさすがです。うらやましいですね・・・うちも来年は4耐にリベンジしますよ!!

もてぎロードレース選手権第3戦

2019もてぎロードレース選手権シリーズ第3戦
JP250(N)
ENDLESS TEAM SHANTI
鈴木洋一郎
予選:2位 決勝:3位





梅雨の明けないまま後半戦に突入したもてぎロードレース選手権。金曜日の特別スポーツ走行は雨・・・しかも微妙な。土日の天候も読めないまま金曜の走行は見送る事に。JP250に参戦している鈴木洋一郎は調子も悪く無い中で朝のフリー走行で3番手。しかしながらエンジンのパンチが無い。上から走行を見ていたのだが立ち上がりであんなに伸びないうちのCBR250RRは始めて見た。湿度による影響か?マップか?散々手を尽くしてみたが改善されず、やはりエンジン単体の影響が大きいのだと思う。鈴木は昨年の中盤頃からタイムが飛躍的に上がり、今年は更に乗れるようになってきたので消耗具合が激しい。この第3戦のタイミングでメンテナンスも含めてもう少し手を打っていればと。予選は踏ん張って2位。しかしどうにもトップグループのマシンが伸びる。決勝スタートしてすぐに2番手グループへ落ちるがそれでもグループを引っ張り粘りの根性を見せて3位でフィニッシュした。俺の方が落ち込んだレースだった・・・勝てるレースってのは無いが100%に近づけていくことは可能だしそれが今回は60%くらいに感じた。ライダーには負担をかけすぎた・・・。最終戦のもてぎは最高のレースにしてやりたいと思います。
土曜日にはCBRカップが行われ、クラブ員の小林が参戦。ベストタイム更新とはいかなかったが前回のレースよりレースらしいレースが出来てしっかりと成長してきてる!1周目の気合いは過去最高でしたね笑
このもてぎの第3戦を終えてしばらくチームのレース活動はサマーブレイクに入ります。明けは全日本岡山から。しっかりと準備していきますよ♪

ミニバイク/ENDLESSブレーキパッド

GROM用のENDLESSブレーキパッドのユーザーさんが増えているようで非常に嬉しいです♫ 先日も最高に使いやすくて耐久性も申し分ないですと嬉しいお話を聞けました。エンドレスブレーキパッドは現行のミニバイクレーサーはほぼフルラインナップしております。NSR50/NSRmini/NS50R/F/NSF100/CBR150/グロム/などレースカテゴリー主力であるマシンのブレーキパッドはほぼラインナップしております。2輪エンドレスレーシングサービスを務めるGARAGE SHANTIではフルで在庫しておりますのでご用命の方はご連絡下さい。新型になった520タイプは以前の361タイプに比べコントロール性はそのままに効力を上げています。実際うちのGROMレーサーで柳沢祐一が使用したもので十分な実績があります。これだけシリーズがあるのに中々ミニバイクカテゴリーの方にプッシュ出来ていないもどかしさもあるので・・・そろそろ各ミニサーキットでのレースにブース出展も考えております。テストパッドも用意したいと考えておりますので、その際はお気軽にお声がけ下さいませ♫

NSF100/パートラッピング

NSF100のタンクカバーのパートラッピングを施工しました。レッドメタリックとマットブラックのツートンで切り替えです。既存カラーで在庫してあるフィルムでの施工でしたので3日程で完成しました。前側も黒にするか悩んだのですが・・・黒にしました。大人っぽい赤でシックな感じで落ち着きました。こちらもサーキットで使用するので分割多めで施工しました。これからコブラシールドも施工します。新品の白ゲルのFRPへの施工となりましたが、中古パーツや傷ついているものはなるべく修正して施工しますが、ある程度フィルムが追従して窪みなどが出来てしまいます。なるべく綺麗な状態でのラッピング施工をおすすめします。FRP外装は特に新車時や新品パーツの状態だと非常に綺麗に仕上がります。





車両:HONDA NSF100 FRPタンクカバー
施工期間:3日間
メディア:3M 既存カラー
コンセプト:レッド/ブラック

鈴鹿サンデーロードレース第3戦

鈴鹿サンデーロードレース選手権シリーズ第3戦
ST600(INT)
ENDLESS TEAM SHANTI
澤村俊紀
予選:9位 クラス(4位) 決勝:9位 (3位)




鈴鹿サンデーロードレース第3戦東コースでのレースに参戦して参りました。今回も前戦と同様に私と澤村の2人だけの弾丸レースツアー。このサンデーでのインタークラスのランキングで全日本最終戦に参戦出来るので今年4耐を諦めた澤村にとっては大事なレースとなりました。ちなみにレース前はランキング3位です。ウイーク通して雨から晴れに変わる梅雨らしい天候に振り回され・・・土曜日の特別スポーツ走行はドライで走れました。これが足回りのセットが非常に良く機能してくれまして霧雨降る中自己ベストを記録・・・。シンプルなセッティングってのは大事だなと自覚しました・・・。前回のテストに行った時の澤村のインプレからガレージでミーティングして決めたリアサスペンションがハマり、逆にこれがダメだったらどうしようかと思ってました笑 そして予選は雨。ほぼ降っていないレイン。雨セッティングのイメージを作って臨みましたが不発・・・途中ピットインしてリアを振る。なんとか巻き返して9位。ギリギリ最低ラインはクリア。決勝はドライだと思って戻した車体も、まさかの雨。決勝もレインへ。スタートして俺は澤村を見失います。どこだ?いない?旗振られていないのでとりあえずスタートしたと思ったら20番手くらいで戻ってくる・・・。ニュートラルでスタートかましたようだ笑 そこからは追い上げの展開。上位と変わらないペースで短い周回数の中グングン順位を上げて9位。クラス3位で終えた。雨が味方したか?どうか?それはわからないが、とりあえず繋がるレースとなりました。

CBR250Rレーサーフルラッピング

チームカラーのCBR250R(CBRカップ仕様)のフルラッピングが完成しました。基本的にはチームカラーリングの再現のみでしたがフロントフェンダーからタンクまで全てフィルムによるラッピングです。これから外装ステッカー等の施工もありますがこの状態で見て頂きたいと思いこのまま写真を上げました。レーサーなので転倒する箇所は分割で施工してありまして、破損してもその部分だけ補修出来るようにローコストでいけます。もちろんデザインでの出力シートも予備は保管してありますのでご安心下さい。こちらの車両はレーサーでの制作でしたが、ストリートの一般車両向けに施工方法を選択できます。タンクのみ、フェンダーのみのパートラッピングも可能です。また、純正色にラインやデカールを追加する事も可能です。


こちらは単色の既存カラーフィルムですので、施工時間は約1週間です。使用したフィルムは3MとORACAL。ちょっとカラーの段取りの問題で2社のフィルムを使用しました。フルデザインでのラッピングも可能ですのでぜひお問合せ下さい。もちろんストリート車も街でしっかりと目立てるオリジナルバイクを一緒に作りましょう!!





車両:HONDA CBR250R HRCレーサー
施工期間:約1週間
メディア:既存カラー
コンセプト:チームカラー再現