bansyoya

ラッピング遠方向けサービス開始!!

非常にお問い合わせ/ご要望が多かった一つに遠方のユーザー様からのご依頼がございました。当社は東京都足立区にガレージを構えておりますが、北は東北。そして西は九州からと非常に広範囲に受注を頂いております。
オートバイの利点として外装単体で輸送することが可能ですので、遠方様向けのサービスを開始致しました。まず配送する際に手配するのが煩わしい梱包資材及び段ボールをこちらで手配させて頂き、カラーサンプルを同梱しご郵送させて頂きます。その後、ユーザー様がご自身でラッピングする外装を梱包し、ラッピングフィルムのカラーを指定したものを同梱して再度当社へお送り頂き施工致します。
施工が完了した後にまた配送にて納品差し上げます。
またカラーサンプルにつきましては、サンプル帳と3Mジャパン様にご協力頂きましてオンラインデジタルカタログを当社WEB内にバナー設置してあります。無償でサンプルを手配することが出来ますのでぜひこちらもご利用下さい。Averyのカラーサンプルはサンプル帳(もしくはA4サイズのもの)をご手配させて頂きます。




尚、こちらの遠方向けサービスにつきましては料金としてプラス配送料がかかりますが外装脱着料金が加算されませんので割高になることはありません。随時お見積もりはお出し出来ますのでお気軽にご相談下さい。また、車両に細かいデザインが入る場合やライン入れのご指示などはお客様ご自身でマスキングテープなどで指定していただく場合もございますのでご了承ください。それではご依頼・お問い合わせお待ち申し上げております!

S1000R/パートラッピング

BMW S1000Rのパートラッピングを施工致しました。パートといってもほぼフルラッピングに近い内容での施工となりました。レッドの部分もメタリックブラックに、そして前後フェンダーをブラックカーボンにラッピング。メタリックとカーボンで高級感溢れる仕上がりになりました。未塗装樹脂部分へのラッピングも入りましたが、剥がす際に塗装が持っていかれる可能性がありますのでそちらはオーナーさんと要ご相談となります。ブラックやレッドといってもバリエーションが非常に豊富なのもラッピングフィルムの魅力です。カラーサンプルは当社のWEBもしくはガレージにてお選び頂けますのでぜひご利用ください。
部分的なラッピングも可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。公式LINEからもお問い合わせ可能です♪



車両:BMW S1000R
施工期間:5日
メディア:3M

Indian ScoutBobber/フルラッピング

Indian Motorcycleという皆さんはご存知の方も多いかと思われますが当社としても初の車両でScoutBobberへフルラッピングを施工させて頂きました。お付き合いのありますディーラー様からのご依頼となりましたが無事に施工を終えられて安堵しております。既存カラー設定には無いマットメタリックガンメタルにてフルラッピングし純正のタンクロゴは綺麗に剥がし元どおりの位置に再貼付けし、純正のデザインも崩すことなく完成致しました。パーツ単体での作業でしたので写真は納車時の様子をモトスクエア東京様SNSより拝借しております。

インディンアンモーターサイクル





車両:Indian Scout Bobber
施工期間:4日
メディア:Avery

梅雨シーズン前にSTELLAはいかがですか??

もうすぐオートバイ乗りには(ではなくとも・・・)嫌ーーーな梅雨のシーズンがやってきます・・・。雨対策にぜひ当社のオートバイ用にオリジナル開発しました[STELLA]ガラスコーティングはいかがでしょうか?
耐久年数は3年。オートバイ外装のスペシャリストの当社が自信を持ってオススメ致します。ただいまヘルメットへの施工はキャンペーン中ですのでそちらも合わせてぜひご検討頂けたらと思います。

[ヘルメットキャンペーンはこちら]

尚、ラッピング車両には施工出来ませんのでご了承下さいませ。

[STELLAガラスコーティング]

2021 TEAM OFFICIAL PARTNER

2021 全日本ロードレース選手権 MFJ CUP JP250
ENDLESS TEAM SHANTI
HONDA CBR250RR
ライダー:中村龍之介
チーム代表:風晴大翼

——Official Partner——
ENDLESS
WILDHOUSE (ENDLESS Motorcycle)
桜井ホンダグループ
CHOUETTE BLANCHE INC.
N-PLAN Racing
ATOM
SS’MOCHIZUKA
DUNLOP (DMC)
Moty’s (トライボジャパン)
RS TAICHI
ACTIVE
ISA SPROCKET
DID (大同工業)
ADVANTAGE
Y2S PREASURE
NTR TNK
オートプラザドリーム浜松
S&E PRECISION
柴田工芸
マニヤレジン工業

※順不同敬称略

[お知らせ]STELLAガラスコーティングヘルメットキャンペーン!!

当社オリジナルガラスコーティング[STELLA]の期間限定キャンペーンを4/17~5/31まで開催致します。対象はヘルメットコーティングになります。もうすぐやってくる梅雨の時期。そして増えて参りました虫対策に。ぜひこの機会にご利用下さいませ。
キャンペーン期間限定でヘルメットコーティング下記プライスで。

フルフェイス
通常価格¥5,000 → ¥3,000(税抜)
ジェットタイプ 通常価格¥4,000 → ¥2,500(税抜)

当日施工にてお持ち帰り頂けます。
ご予約はお問合せか公式LINEにてお願い致します♪
お待ちしております!

STELLAについてはこちら↓↓
[STELLAガラスコーティング]

[イベントのお知らせ]BMW/ラッピング&デカール

突然の告知となりますが、今週末4/17.18にBMWディーラーモトラッド世田谷店様にてオートバイラッピング及び当社のSMDデカールKITのイベントを開催致します。当日はデカールキットデモ車のS1000RRとフルラッピング/PPF(ペイントプロテクションフィルム)デモ車R1250RSの2台を展示。ラッピング・デカール・PPFのご相談を受付けております。デカールキットはS1000RR用となりますが、その場で施工方法やメリットなどご説明させて頂きます。オートバイラッピングもその場でご商談が可能です。
また新たに取り扱いを始めた3M製PPFについても先行受注させて頂きますのでぜひこの機会に当社サービスにご興味のある方は足を運んで頂けたら幸いです。ガレージは通常通りオープン致しております。

モトラッド世田谷店
オートバイラッピングサービス
SMDデカールKIT

もてぎロードレース選手権第1戦

2021もてぎロードレース選手権シリーズ第1戦
JP250(N)
ENDLESS TEAM SHANTI
鈴木洋一郎
予選:5位(5位) 決勝:4位(4位)

SKY by SHANTI JP250 小林元 予選:12位(11位) 決勝:15位(15位) CBR250R DREAM CUP B 谷口弘 予選:19位 決勝:20位
今年は全日本開幕戦後にもてぎロードレース選手権が開幕するというチームを運営している側からすると不規則なスケジュールとなりました。しかし全日本で得たデータを元に鈴木選手の駆る新型CBR250RRはしっかりと初日から良い感触でレースウイークに入りました。あえて言うならば全日本でネガティブだった部分がこのもてぎ開幕戦で解消され良い相乗効果で地方選/全日本がリンクしています。ちなみに中村龍之介車と鈴木洋一郎車はほとんど同一スペックです。予選は昨年の自己ベストを更新するタイムで周回し、最後のアタックでは惜しくも前走者に引っかかってしまい更なる更新は出来ませんでしたがライダー的には今までに無い好感触で決勝レースに向けて気合い十分でした。
迎えた決勝レース。スタートでやや出遅れ・・・前を塞がれたままトップ集団を逃がしてしまいます。JP250クラスは1周目の順位でほとんど決まってしまうといっても過言ではないくらいに集団が抜け出します。これにより4位集団セカンドグループでの周回に。3~4台のグループは順位を入れ替えながら走行し、鈴木選手も徐々にペースが上がります。周回ごとにパスし残り3LAPでセカンドグループのトップに立ちます。そのまま後続をやや引き離しながら4位チェッカー。惜しくも表彰台は逃してしまいましたが非常に良いレースだったと本人も好感触を得たレースとなりました。

またクラブチームであるSKY by SHANTIからはJP250クラスへレース歴3年目の小林選手がエントリー。前日練習でいきなり大幅なタイムアップを果たし予選ではなんと1秒以上上げて12位と、中盤でレースが出来そうなタイムとなりました。こちらの小林車も新型CBR250RRです。少しマフラーテストをしてもらいましたがそちらもかなり良かったようで。・・・が決勝はやはりレース経験の差が出ます。単独のタイムアタックでは無いですのでリズムを乱し、ラストラップ気合のオーバーテイクをしていきますが最後はS字にてオーバーラン。15位完走扱いとなりました。また次戦期待しましょう♪
またCBRカップには谷口選手が。こちらも調子良くレースウイークに入りましたが当日は少し気合いの入れ過ぎか力が入ってしまいましたね。それでも昨年よりしっかりと走れているのが伝わってきます。決勝レースはこちらもリズムを乱してしまい・・・惜しくも予選順位から下がってしまいました。

もてぎも開幕し、いよいよ本格的なレースシーズンが始まりました。全日本そして地方選手権もしっかりと戦って参ります。今年もよろしくお願い致します!写真を撮って頂いたカメラマンの皆さんありがとうございました!

全日本ロードレース選手権第1戦ツインリンクもてぎ

2021全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦
ツインリンクもてぎ
MFJ CUP JP250(INT)

ENDLESS TEAM SHANTI
中村龍之介/HONDA CBR250RR
予選:4位(3位)
決勝:3位(3位) ※カッコ内はINTクラス


全日本ロードレース選手権が開幕しました。ENDLESS TEAM SHANTIは引き続きJRR MFJ CUP JP250クラスへ参戦致します。まだまだコロナの影響が残る中、開催された事は非常に嬉しい事です。正直今シーズンはどうなるのだろうと思っておりましたが・・・予定していましたその他のレースはキャンセルとなり、この全日本JP250へ注力して参ります。
マシンは新型のCBR250RR。シェイクダウンはレースウイークの数日前となり、昨年より変更したサスペンションユニットやECU等のセットアップはまだまだ不完全で手探りのレースウイークとなってしまいました。昨年は雨レースでしたが今年はスッキリドライで開催されて天候に恵まれたレースとなりました。翌日曜日の決勝レースは天気に翻弄されていましたけども・・・。
特別スポーツ走行では主に足回りのセットを中心に進め初日こそ総合トップでしたがイマイチタイムが伸びず。非常に苦労しました。龍之介も必死にライディングしてくれてなんとか形になったであろう予選。13秒0まで伸ばしたところでその先の一歩が進まない。昨年のドライのタイムを上回れず残念なグリッド順となってしまった。
決勝レースは日が陰り始めた夕方。スタートは無難に決めて最初の1周目にしっかりとポジションをあげて帰ってくる龍之介。しかし思うような展開にはならず2番手3番手を激しくポジションを入れ替えながら終盤まで引きずってしまった。ラストラップでミスをし、アドバンテージの少なかったダウンヒルでうまく仕掛けられずにそのまま3位でフィニッシュ。中々思うように走らなかった分ライダーの頑張りでなんとか乗った表彰台になりました。それでも次戦のSUGOに向けて多くの収穫はあり、今この文章を書いているこの瞬間もアップデートは続いていく。このパッケージで3年目のシーズン。まずはしっかりと1勝したい。

CBR400R/フルラッピング

HONDA CBR400Rをフルラッピング致しました。スタンダードではレッドのカラーリングをオーナーさんのご希望によりメタリックイエローに。更にデザインとしてCBR250RRを踏襲したホンダらしいラインをグレーにて施工致しました。アンダーカウルはブラックカーボンになります。ホイールも車体色に合わせてメタリックイエローにて1周ラッピング。黄色いホンダ車は珍しいと思いますのでとてもインパクトのある一台になりました!!こちらの施工はイエローベースで施工後にグレーのラインを引いてあります。印刷デカールでも良かったのですが複雑なタンク形状にラインが歪みそうでしたのであえて上から貼ってあります。
フルラッピングはお気軽にお問合せ下さい♪公式LINEからも可能です。パートラッピングについてもご相談お待ちしております。



車両:HONDA CBR400R
施工期間:8日
メディア:3M