イベント

フルラッピング/CRF450Lモタード

HONDA CRF450Lのモタードカスタム車をマットブラックにフルラッピングしました。元々の赤の外装を活かして部分的に赤が見えるように配慮しています。曲面が少なく非常に施工はしやすいですが分割できない箇所もあり圧着が難しい車両でもありました。赤のイメージが強いこの車両もつや消し黒でかなり締まった印象になります。既存カラーの3Mフィルムですがこんなシックなカラーリングも最近オートバイ外装には人気です。ここからオーナーさんが更にカスタムされていく事でしょう!楽しみです!

車両:HONDA CRF450L Motard
施工期間:4日間
メディア:3M
コンセプト:マットブラックフルラッピング

パートラッピング/N-PLAN様

当チームの協力チームであるN-PLANレーシング様の今シーズン全日本ロードレース選手権MFJ CUP JP250クラスに参戦するHONDA CBR250RRレーサーのラッピングを担当させて頂きました。ベースは黒にてエルエスタカノ様にて塗装修正をし、弊社にてラッピングフィルムの出力及び施工を致しました。アンダーカウルのチェッカー柄は当チームのスポンサー様でもあるMoty’s様の柄を。サイドカウルからタンクにかけてはN-PLAN様のロゴを1枚刷りで表現致しました。タンクのデザインラインがアグレッシブなライディングに耐えられるか心配でしたが無事走行も終えたとのことで一安心しております。N-PLAN様の記念すべき久しぶりのチーム立ち上げに関われたことを非常に嬉しく思っております。

車両:HONDA CBR250RR レーサー
施工期間:4日間
メディア:3M 出力フィルム(3M)
コンセプト:N-PLANレーシングカラー

ラッピング/デモパーツ(タンク)

こちらはデモ用のガソリンタンクにラッピングをしました。あえて反対側は施工途中のまま残しておいてこれがフィルムで再現されているところをお客様に見ていただけるようにしました。こちらのタンクはBMWモトラッドセントラル世田谷店様に展示しております。わかりやすい表現でタンク中央部はデザイン出力フィルム。サイドは既存の3M1080ラッピングフィルムです。オートバイのラッピング施工は曲面が難しく施工難易度が高いですが、当社は独自のノウハウで行っております。ディーラー様には特に納車時のオプションでご利用いただくのが一番良いかと思います。ご自身のバイクを世界にひとつだけのオリジナリティを持たし、最終的には剥がせば元に戻るラッピングカラーチェンジをぜひ体感していただきたく思っております。また、ラッピング施工に関する店舗様、ディーラー様のお問い合わせも随時受け付けております。お気軽にご連絡下さい。

塗装×パートラッピング/CBR250RR

お客様デザインのCBR250RRです。こちらはディーラー様受注分になります。当社で全てデザインからご対応しておりますが、ご自身でのデザインの持ち込みも大歓迎です!紺色のベース色は塗装で致しました。オレンジのラインとパートラッピングはフィルムで。ラインは全てナイフレスで表現し、中央のロゴはデータ作成後に機会カットで製作しました。サーキット用の外装とのことで今回はこの仕様に。オートバイ特にレーサーのラッピングもフルと塗装×ラッピングの使い分けもアリです。近似のフィルムもご用意できますので修正ようにぜひご利用ください。

車両:HONDA CBR250RR レーサー
施工期間:20日間
メディア:3M
コンセプト:お客様デザイン

2020 Jr. TEAM SHANTI

2020年シーズンはジュニアチームへの体制強化を図ります。HONDA NSF100 HRC Trophyへの参戦を開始し、小学生ライダー2人態勢にて2年スパンの体制でシーズンを戦います。アジア、そして国内レースへの将来的な投資としてこのジュニアチームは結成されました。昨今のポケバイからロードレースへの段階的な情勢を踏まえ昨年74Daijiroにて活動していたライダーのミニバイクへのステップアップとなりますがあくまでロードレースへの活動を視野に入れ当チームの若手ライダーへのアプローチを問われる一つの大きなプロジェクトになると思います。ライダーは森山浬(11)。神鳥風悟(12)。またトレーニングコーチには中村龍之介を起用し、ライダー間での双方の相乗効果を狙います。二人の若いライダーの活躍も期待して頂けたら幸いです。

Jr.TEAM SHANTI
代表 風晴大翼

2020シーズンレース参戦計画

2020年今年も全日本ロードレース選手権に参戦致しますが、今シーズンについては併催のMFJ CUP JP250クラスのみの参戦となりました。昨今の全日本を取巻く環境とカテゴリー変化を踏まえた上でENDLESS TEAM SHANTIは250以下へのクラスへ注力する方向へシフト致しました。シフトでは無く立ち上げ当初に返り戻ったといった方が正しいかもしれません。ライダーは昨年同様に中村龍之介を起用し昨年惜敗を喫したシリーズチャンピオン奪取に向かいます。
また地方選手権参戦を強化しCBR250R DREAM CUPへ中川空嶺(19)をチームに迎え改めて下位クラスへの重要性とチームの優位性を示すべく参戦致します。JP250クラスにはこちらも引き続き鈴木洋一郎が参戦しツインリンクもてぎを中心に悲願のシリーズチャンピオン獲得へいきます。更に昨年参戦を見送った鈴鹿4時間耐久ロードレースST600/JP250への参戦。アジアロードレース選手権鈴鹿戦には中村が挑戦する予定でおります。
その他多くのライダーが当チーム/クラブからも参戦致します。今年もTEAM SHANTIは全開でレース活動を行います。スポンサー含め協力会社の皆さまへ感謝すると共に参戦出来る事を嬉しく思っております。ご声援の程、よろしくお願い申し上げます。

ENDLESS TEAM SHANTI
代表 風晴大翼

サーキットクラブ員まだまだ募集中!

当社が運営するCLUB SHANTIはまだまだ絶賛クラブ員さん募集中です。メリットはデメリットは?と良く聞かれますが、メリットは情報の共有とデータの提供と当チーム全体のコミュニティによる知識/技術の向上。だと思っています。特にクラブ員にはレースに参加しなければならない条件はありません。サーキット走行だけの方でもOKです。自由にガレージや設備を使用出来るといったところもマンション住まい等の方には好評です。チームやクラブというと少し敷居が高く思われがちですがうちには初めてサーキットを走られた方多数おりますので安心してクラブ活動として楽しめると思います。サーキット初心者大歓迎のクラブ員なのです。詳しくは下記ページをご覧ください。お気軽にお問合せ下さいませ♪

クラブ員について↓
https://shanti-lp.com/racing/

CBR250RR(RB)新車について。

CBR250RR(MC51)のレースベース車は現在HONDAの方で制作されていません。恐らくモデルチェンジによる影響と思われますが、その新型のレースベース車もいつ出るかは未定との事です。現状ではストリート車にHRC製のECUやハーネスを付けての販売となります。もちろんこちらは在庫がありますので当社でも販売は可能です。3月よりロードレースは地方選手権が開幕しますしそれには間に合わない状況ですのでうちでも今シーズン使用する車両は写真の通りナンバー付車両をレーサー化しています。他メーカーでは当たり前でしょうが・・・笑 中古車もそんなに多くは出回っておらずうちにもお問合せを多数頂きます。これからJP250やST250クラスに参戦を考えている方にはタイミング的にはCBRの選択は悩むところですね・・・。価格もプラス10マン弱しますので高価になってしまうかもしれません。更にレーサーへの制作は全バラに近い状態ですのでご検討している方はお早めにどうぞ♪

[CONCEPT BLUE] デザインデモ車両

[CONCEPT BLUE]という名のラッピングデモ車が完成しました。車両はMV AGUSTA BRUTALE800RR。なぜMVアグスタを採用したのか?というところでは、このタンクの曲線美。美しすぎるこのオートバイをラッピングフィルムで更に際立たせる僕らなりの挑戦もありました。フィルムカラーはブルークロームメッキをベースにロゴは良く見るとグラデーションパターンが練り込まれています。クローム系は他のフィルムに比べると曲面の多いバイクにはかなり技術的に難易度が高く非常に難しいフィルムだと思います。タンク前に配置されたエアダクト周りだけでかなりの時間を要する難易度。存在だけで派手なブルターレを更にド派手に魅せてやろうと決めたこのコンセプトブループロジェクト。2月に開催される[江戸TOKYO技とテクノの融合展]に出品致します。ラッピングとデザインとの融合。多くの方に見て頂けたらと思っております。またこの車両は普段も私が乗っていますのでどこかで見かけたらよろしくお願いします♪

スマートEV在庫残り1台です!

取扱いを開始してから大好評を頂きまして・・・。なんと在庫が1月16日現在ラスト1台となりました。お色は白です。即納となっておりますよ。折りたたむと車のトランクに入るこのコンパクトさが好評で釣りやアウトドアが趣味なユーザーさんが増えました。サーキットのパドックなんかにも最高だと思います。広いので笑 先日も某チームさんが採用してくれました。嬉しい限りです。うちは今年はDio110からこのスマートEVで全日本を回ります♪ 電動スクーターですがキビキビとしたパワー感で走ってくれるのでストレスフリーに走れます。キーレス仕様でBluetoothでスピーカーも内蔵と装備も充実。30kmはフル充電で走ってくれます。もちろん家庭用コンセントで充電OK。50cc扱いですので普通自動車の免許で大丈夫なんです。当社では試乗車まで完備しておりますのでお気軽にご用命くださいませ。




BLAZE SMART EV
価格 ¥182,600(税込)
50cc登録

詳しくはこちら↓↓

https://shanti-lp.com/brazeev/