ニュース

コブラシールド/BMW RnineT

BMW RnineTの車両にプロテクションシート/コブラシールドを施工しました。ガソリンタンクのサイド両面とセンターへのコブラシールドは定番の施工箇所です。ライダーの密着する部分は擦れたりジャケット等での傷が多い箇所でもあります。こちらの車両のオーナーさんも納車時のオプションとしてこのコブラシールドを施工して下さいました。ラッピングもそうですが可能であれば新車時の綺麗な外装の施工の方がフィルムの追従も含め綺麗な仕上がりになります。
もちろんタンク意外にもフロントフェンダーやアッパーカウル。そして乗り降りの際に蹴ってしまうシート/テール部の箇所にも有効です。ブーツで蹴ってしまうシートカウルも多くのご要望をいただいております。ヘッドライトにも施工可能です。興味をお持ちの方はぜひお気軽にお問い合わせ下さい。ラッピングフィルムと合わせての施工も可能です。ストリート/レーサー問わず非常に有効なプロテクションシートをぜひお試し下さい。


筑波ロードレース選手権第1戦

筑波ロードレース選手権シリーズ第1戦
CBR250R DREAM CUP
ENDLESS TEAM SHANTI
中川空嶺
予選:5位 決勝:2位




2020年のロードレースが開幕しました。まずは筑波サーキット。新型コロナウイルスの影響もあり無観客という中で一般のお客さんがいない中でのレースとなりましたが各レースは非常にアツかった。空嶺は金曜の特別スポーツ走行からメカニックがしっかりと帯同して車体のセットアップを進めて自己ベストを1.5秒も更新する走りを見せてくれました。元々ポテンシャルのある若いライダーですのでそのくらいは期待していましたが伸びしろしかありませんね。レース当日は非常に寒い1日となりました。予選の時間帯も気温は上がらず、各ライダータイムが伸びない状況。空嶺も昨日出したベストには遠い10秒台。これも後から原因はわかったのですが、決勝には解決。
迎えた決勝レース。5番手からスタートしましたが、初めてのCBR250Rのスタートにしては上々で2番手で1コーナーを通過。すぐに3台のトップグループに入ります。一時はトップで最終コーナーを立ち上がってくるなど強さも見せます。徐々にトップが引き離しにかかり2台のバトルとなりましたが、そこは引かない空嶺。なんとか2位でロードレースデビューを飾りました。多くの写真やデータを見ても本当に伸びしろしかないライダーだと思います。それもあってのメインチームでの起用。これからが楽しみなライダーです。もちろんシリーズチャンピオンは狙いますし、あとは優勝しか頭に無いでしょうね笑 まだまだこんな面白いレースを続けるためにこのCBRカップには今後も力を入れていきたいと思っております。

ツインリンクもてぎテストDAY

ツインリンクもてぎへ今年初めてテストに行って参りました。鈴木洋一郎車のCBR250RRのaRacerの実走テストと、サスペンションのテスト。フィーリングは良く、各機能も動作確認をして寒い寒いコンディションながら久しぶりの走行でしたが良いタイムで走ったいたと思います。3台での走行となり、2台はクラブ員。どちらも怪我明けの久しぶりの走行でしたが・・・リハビリには時間がかかりそうです笑 GARAGE SHANTIでは車両の運搬からサーキットでの実走まで幅広くレーシングサービスを行っております。もちろん一般のお客様やレースに出なくてもサーキット走行を楽しまれる方も対象です。サーキットでのオートバイの楽しみ方をお伝えて出来ればと思っております。お気軽にご相談下さいませ♪

BLAZE SMART EV即納です♪

好評頂いております電動スクーター♪BLAZE製EVです。現在GARAGE SHANTIではホワイトが即納可能となっております!釣りにアウトドアに最高の1台になりますよ。折り畳めて車にも積めるコンパクトさで当社ではレースでサーキット内パドックスクーターとしても活躍してくれています。もちろんちょっとした買い物にも!50cc扱いなのでもちろん公道は走れますし車の免許でOK。当社では試乗車もご用意しておりますのでお気軽にお問合せ下さい!

引き渡し時は段ボールへ梱包しておりますので近県であれば別途配送費でご自宅にも納車可能です。ご自身でナンバーを取得して頂けたらすぐにお乗りできます。組み立ても簡単ですしバッテリーも簡単に外して室内のコンセントで充電可能。次世代の電動スクーターをぜひ♪

aRacer For CBR250RR

TEAM SHANTIではJP250に参戦する中村龍之介車のCBR250RRはECUをaRacerを使用しております。昨年の地方選手権での鈴木洋一郎車はHRCのECUのまま使用しており、予選ではポールポジションを取るなどの活躍を見せてくれましたが、今シーズンより地方選手権においてもaRacerを使用することになりました。ECU/ハーネスの取付からセットアップ作業に入り、週末にテストする予定です。代理店との連携で迅速な対応が可能になっております。専門的な知識とポン付けでは全く意味の無い中で現場でのセットアップ作業は全日本ロードレース選手権でのレース活動を通して培われるものであり今後もユーザーの皆さんに対してより良いサービスを提供出来るよう努めさせて頂きます。

フルラッピング/CRF450Lモタード

HONDA CRF450Lのモタードカスタム車をマットブラックにフルラッピングしました。元々の赤の外装を活かして部分的に赤が見えるように配慮しています。曲面が少なく非常に施工はしやすいですが分割できない箇所もあり圧着が難しい車両でもありました。赤のイメージが強いこの車両もつや消し黒でかなり締まった印象になります。既存カラーの3Mフィルムですがこんなシックなカラーリングも最近オートバイ外装には人気です。ここからオーナーさんが更にカスタムされていく事でしょう!楽しみです!

車両:HONDA CRF450L Motard
施工期間:4日間
メディア:3M
コンセプト:マットブラックフルラッピング

パートラッピング/N-PLAN様

当チームの協力チームであるN-PLANレーシング様の今シーズン全日本ロードレース選手権MFJ CUP JP250クラスに参戦するHONDA CBR250RRレーサーのラッピングを担当させて頂きました。ベースは黒にてエルエスタカノ様にて塗装修正をし、弊社にてラッピングフィルムの出力及び施工を致しました。アンダーカウルのチェッカー柄は当チームのスポンサー様でもあるMoty’s様の柄を。サイドカウルからタンクにかけてはN-PLAN様のロゴを1枚刷りで表現致しました。タンクのデザインラインがアグレッシブなライディングに耐えられるか心配でしたが無事走行も終えたとのことで一安心しております。N-PLAN様の記念すべき久しぶりのチーム立ち上げに関われたことを非常に嬉しく思っております。

車両:HONDA CBR250RR レーサー
施工期間:4日間
メディア:3M 出力フィルム(3M)
コンセプト:N-PLANレーシングカラー

ラッピング/デモパーツ(タンク)

こちらはデモ用のガソリンタンクにラッピングをしました。あえて反対側は施工途中のまま残しておいてこれがフィルムで再現されているところをお客様に見ていただけるようにしました。こちらのタンクはBMWモトラッドセントラル世田谷店様に展示しております。わかりやすい表現でタンク中央部はデザイン出力フィルム。サイドは既存の3M1080ラッピングフィルムです。オートバイのラッピング施工は曲面が難しく施工難易度が高いですが、当社は独自のノウハウで行っております。ディーラー様には特に納車時のオプションでご利用いただくのが一番良いかと思います。ご自身のバイクを世界にひとつだけのオリジナリティを持たし、最終的には剥がせば元に戻るラッピングカラーチェンジをぜひ体感していただきたく思っております。また、ラッピング施工に関する店舗様、ディーラー様のお問い合わせも随時受け付けております。お気軽にご連絡下さい。

塗装×パートラッピング/CBR250RR

お客様デザインのCBR250RRです。こちらはディーラー様受注分になります。当社で全てデザインからご対応しておりますが、ご自身でのデザインの持ち込みも大歓迎です!紺色のベース色は塗装で致しました。オレンジのラインとパートラッピングはフィルムで。ラインは全てナイフレスで表現し、中央のロゴはデータ作成後に機会カットで製作しました。サーキット用の外装とのことで今回はこの仕様に。オートバイ特にレーサーのラッピングもフルと塗装×ラッピングの使い分けもアリです。近似のフィルムもご用意できますので修正ようにぜひご利用ください。

車両:HONDA CBR250RR レーサー
施工期間:20日間
メディア:3M
コンセプト:お客様デザイン

2020 Jr. TEAM SHANTI

2020年シーズンはジュニアチームへの体制強化を図ります。HONDA NSF100 HRC Trophyへの参戦を開始し、小学生ライダー2人態勢にて2年スパンの体制でシーズンを戦います。アジア、そして国内レースへの将来的な投資としてこのジュニアチームは結成されました。昨今のポケバイからロードレースへの段階的な情勢を踏まえ昨年74Daijiroにて活動していたライダーのミニバイクへのステップアップとなりますがあくまでロードレースへの活動を視野に入れ当チームの若手ライダーへのアプローチを問われる一つの大きなプロジェクトになると思います。ライダーは森山浬(11)。神鳥風悟(12)。またトレーニングコーチには中村龍之介を起用し、ライダー間での双方の相乗効果を狙います。二人の若いライダーの活躍も期待して頂けたら幸いです。

Jr.TEAM SHANTI
代表 風晴大翼