レース

2018筑波ロードレース選手権第1戦

筑波ロードレース選手権シリーズ第1戦
ST600(N)
ENDLESS TEAM SHANTI
藤平康人
予選:11位 決勝:14位
JP250(N)
ENDLESS TEAM SHANTI
鈴木洋一郎
予選:6位(3位) 決勝:7位(5位)
TEAM SHANTI
大谷聡
予選:16位(13位) 決勝:16位(14位)

いよいよロードレースのスケジュールが始まった。開幕は地方選手権の筑波ロードレース選手権から。うちからは平野ルナが全日本に上がって、昨年までJP250に参戦していた藤平がST600へ。CBR250R DREAM CUPに参戦していた鈴木がJP250へ。筑波TTに参戦していた大谷もJP250へとほぼ全てのレギュラーライダーがステップアップしました。地方選手権組が筑波で走行を開始したのが非常に遅く・・・(毎年だが・・・)筑波サーキットでのテスト不足も否めない中でそれぞれが今年の開幕に臨みました。藤平はST600でCBR600RRに振り回されていたが徐々に慣れてきたところでレースウイーク前の走行で最終コーナーで転倒。自身のミスだったが、マシンが破損。ライダーは膝の靭帯が見えるくらいまで削れた。幸いにもどちらもある程度修復?し、ウイークへ。前日は雨に祟られたが、当日は大丈夫だろうと思ったが朝方の雨が残り微妙なコンディションとなりましたが、ST600の頃にはだいぶドライコンディションへ。ハーフウエットを想定したセットでコースインしたが大外れし・・・途中でセットを戻してなんとか自己ベストを少し更新。とりあえずタイムを追いかけたのでヨシとしようかな。
迎えた初のST600の決勝。スタートは無難に見えたがいつまでたっても上手くならない1周目・・・。数台にパスされズルズルと後退。集団に飲み込まれ、抜け出せない展開のまま18周の決勝は終わってしまった。課題はたくさん。まだまだ練習が足りないネ。これからだ。
JP250クラスにはうちの秘密兵器と言っても過言では無い鈴木選手。練習量は誰にも負けない。天性の運動神経の良さを生かして今年はステップアップ。昨年の最終戦。CBR250RR DREAM CUPで総合優勝した時は誰もが驚いた!笑 その後の鈴鹿NGK杯でも4位と今うちでノリにノッっているライダーだ!!多くのテストパーツを抱えて正直マシンは100%とは言えない状況で、少ない走行時間でも徐々にタイムを詰めてきて今や立派な職人ライダーに笑 予選は自己ベストを更新し7秒台へ。目標は6秒台だっただけに少し悔しさもあったが上出来だと思っています。大谷選手は少し不完全燃焼だったかな・・・昨年の元気を取り戻してくれれば8秒も見えてくるかな??
決勝はJP250が一番最後。少し日も暮れてくる時間帯だ。2台共少し出遅れたてしまい、鈴木は1周目でセカンドグループから離されてしまった。トップ4台は速いので逃げると思っていたがセカンドグループでは戦えると思ったが・・・。序盤の出遅れが後を引いてサードグループでのバトルとなり、逃げきってクラス5位。JPデビュー戦で5位ならよかったのでは?と思ったが本人悔しそうでして・・・第2戦は期待しています。大谷選手も少しだけベストを更新してフィニッシュ。こちらもJPデビューレースでしっかりと走り切りました。結果的には3台共に満足の行く結果ではなかったですが、3人共慣れないマシンや新しいクラスで残りのレース進化を続けていって欲しいと思っています。もちろん地方選も全力ですよ。今年も!!

関東ロードミニ第1戦(桶川)

テルル桶川スポーツランドにて関東ロードミニが開幕しました。うちからはSP12MIDに寺井と佐々木が。HRC GROM CUPに鈴木洋一郎がスポット参戦しました。早いものであっという間に開幕。2月25日のこの日から12月中旬までの10ヵ月のレースシーズンが始まりました。SP12の寺井と佐々木は好調だったらしく、今回のレースにはとても意気込んでいました。予選2位から寺井はスタートしましたが、トップに少しずつ離され、焦りからか転倒DNF。佐々木は上位の転倒もあり初の2位表彰台となりました。グロムカップの鈴木はあまり練習時間が取れなかったのですが、ロードレース前の練習として参戦し4位スタートから4位でフィニッシュ。いつも4位・・・笑 この呪縛から解き放たれなければ・・・。 今回も見どころ満載の関東ロード。インポートミニもアツいレースでしたね。スタートダッシュが決まる者。いきなり不運なレースから始まる者。結果的には最後に笑っていればそれでいいわけで。何か例年よりもピリピリしていたように感じました。うちも第2戦からグロムカップに数台のマシンを走らせる予定です。ビギナーライダーさんなんですが、これからしっかりと走って早くなってもらいたいものです。そんなレースを見ちゃったものだから・・・俺も走りたくなっちゃって♪時間の合間を縫ってこっそり練習に行こうと思います。たぶん笑

MFJ SUPERBIKE NEWSに掲載

先日、MFJライターの方からご連絡がありまして今回平野ルナの全日本参戦を記事として下さいました。昨年もスポット参戦ながらニュースに取り上げて下さっていつも感謝しております。今年は前回の記事の通り大所帯で多くのレースに参戦致します。ここに記載の無いライダーもまだまだ今年は活躍の幅が広がっています。ありがとうございます。
下記からぜひご覧ください。

MFJ SUPERBIKE OFFICIAL SITE http://www.superbike.jp/news/2018/02/st600_22.html

2018年チーム追加体制

先日、2018年の参戦体制を公表してから多くの皆さまにご声援を頂きました。ありがとうございます。今年は更に全日本ロードレース選手権等に参戦していた澤村俊紀がチームに新たに加入し、鈴鹿サンデーロードレース選手権と鈴鹿4時間耐久ロードレースST600に参戦致します。また、地方選手権を中心にチームスタッフとして帯同しサポート役を務めます。代表の風晴と歳も近い事もあり私共のレース活動に賛同しこの体制となる事になりました。また、チームライダーとして今年はST600クラスに参戦する藤平康人はGARAGE SHANTIのレーシングサービスの常勤スタッフとして普段はガレージにて従事しておりますので、お気軽にお声がけ下さい。今年もまだまだ新しいことが始まると思いますし新たな事をクリエイト出来るよう、そして皆さまに楽しんで頂けるようなレース活動が出来ればと思っております。2018年もGARAGE SHANTI及びTEAM SHANTIをよろしくお願い申し上げます。

2018年パートナー様募集

私共TEAM SHANTIは先のレース参戦体制発表の通り2018年全日本ロードレース選手権に参戦致します。2018年シーズンを共にレースを戦って頂けるパートナー企業様を募集させていただきます。レース活動にはマシンだけでは無く多くの企業様の助力がありその全てが合わさり一つのレーシングチームとして成り立っております。工業製品・ファッション・インテリア・広告・媒体・メディア等、業種・業態は問わず、スポンサーという括りでは無くオートバイのレースを通じてより豊かなプロジェクトを試みていきたいと考えており、様々なコラボレーション作品や体制がすでに生まれております。一つのツールとして、このレーシングチーム・レーシングマシン・レーシングライダーを昇華させ、よりエンターテイメント性の高いモノを作り上げていきたいと思っております。ご興味がある企業様、または個人でのクリエイター様はぜひご連絡頂けたら幸いです。新しいレーシングチーム、エンターテイメントを共に作り上げ、最高に楽しいと言えるパートナーシップを結べる事を私達は望んでおります。よろしくお願い申し上げます。

詳しいお問合せはこちらまでメールにて。
info@shanti-lp.com

2018年レース参戦体制

ENDLESS TEAM SHANTIは2018年全日本ロードレース選手権にTEAM ENDLESS by SHANTI SSMとして2年ぶりにフル参戦致します。2015年J-GP3クラス以来のフル参戦となりますが、昨年地方選手権で成長を見せてくれた平野ルナを起用してST600クラスへ参戦致します。平野にとっては厳しい1年間の戦いとなるでしょうが、チームと共に成長してくれる事を願っております。また、地方選手権にはENDLESS TEAM SHANTIとしてST600クラスに引き続き参戦します。ライダーはJP250クラスに参戦してきた藤平康人を起用します。また今年よりJP250クラスへ本格的に参入とし、鈴木洋一郎をメインにMFJカップへのスポット参戦も視野に地方選手権をフル参戦致します。また、昨年同様に鈴鹿4時間耐久ロードレース及び、WSクラスを制したもてぎオープン7時間耐久ロードレース。そして連覇を目指してHRC GROM CUPへも継続参戦致します。メインライダーの他、TEAM SHANTI/CLUB SHANTIからはJP250・J-GP3・CBR250R DREAM CUP・他耐久レース・ミニバイクレースへの参戦も継続的に行います。多くの皆さま方に支えられて2018年もレース活動が出来る事を非常に嬉しく思っております。今シーズンも1年間チーム・ライダーと共に良い結果を残せるよう全力で挑みます。応援の程、よろしくお願い申し上げます。

チーム代表 風晴大翼

2018年新規チーム員募集

TEAM SHANTI及びCLUB SHANTIでは2018年に向けて新規チーム員・クラブ員を募集しております。チーム拡大と地方選手権への参戦を重視し、更に各サーキットでのイベントレース参戦者増加を目指しビギナーからエキスパートまで幅広く募集しております。すでに私共では多くのエントリーユーザーがレースを初め、表彰台獲得や優勝まで結果として残せるようになってきました。この経験をエントリーユーザー、既存ユーザーの皆さまと共有し戦っていけたらと思っております。以下詳細となっております。

TEAM SHANTI
地方選手権(筑波ロードレース選手権/もてぎロードレース選手権等)参戦希望者
クラス:J-GP3/JP250/ST600/CBRカップ他
車両:HONDA車
年齢は特に問いません。
レース経験は特に問いませんが面談にてご相談下さい。

CLUB SHANTI
各イベントレース(筑波TT等)
クラス/マシン:問わず
年齢は特に問いません。

ミニバイク
各地方サーキット開催レース(桶川スポーツランド/筑波コース1000等)
クラス:GROM CUP
車両:HONDA HRC GROM
年齢・レース経験は問いません。

各希望者は面談にて来期の目標と共に決定出来ればと思います。
希望の方、もしくは詳しくお話を伺いたい方はご連絡下さいますようお願い致します。

お問合せ先
daisuke@shanti-lp.com
又は
こちらのHPからご連絡下さい。

もてぎST150 Ladiesライダー募集中

2018年。ツインリンクもてぎST150クラスに参戦する女性ライダーを募集しております。年齢は問わず、レースビギナーの方もOK です。今回N-PLANレーシング様とのコラボレーションという事でマシンはホンダCBR150。マフラーはN-PLANを使用し、随時アップデートしていく形をとるため、SHANTI×N-PLANのプロジェクト&バックアップ体制を取りますのでお気軽にお問合せ下さい。もちろんすでに参戦中のライダーもOKです。チーム員募集という形を取りますが、気楽に参加型のレースへのエントリーですのでご安心下さい。
昨今、うちの平野ルナも含めて女性ライダーの参戦が増えており非常に嬉しく思っております!

N-PLANレーシングブログ←こちらからもどうぞ。

お問合せはこちらへメール↓
daisuke@shanti-lp.com
もしくは弊社WEBページのお問合せよりお願い致します。

GROM×SHANTI×N-PLANマフラー

今回のSHANTIのGROMの第2章という事で取り組んだ事の一つに「耐久性」があります。このGROM。実は新車で来てからエンジンノーメンテです。先日のもてぎのグラチャンが終わって走行距離は1500kmと大して走って無いのですが、去年は桶川スポーツランドのプレシリーズ戦に参戦しましたし、今年は筑波1000のレースにフル参戦しました。仕様は強化クラッチスプリングが入っているだけです。さすがに今年初めに燃焼室の状態だけ確認しましたが。エンジンオイル(NUTEC)は毎走行交換しましたが割とローコストで2年間レース活動出来ました。
そしてなんといっても終盤に調子を上げてきた理由の一つにマフラーがあります。仕様は↓↓

ENDURANCE中間パイプ×N-PLANサイレンサー

これが大きかったです。筑波コース1000で他社のサイレンサーを何度も柳沢とテストし、比較し、割と高速コースの筑波での実績を出せました。もちろんテスト中はデータロガーを搭載し、アクセル開度・A/F・車速・回転数を検証しながらフィーリングの確認を行っています。一つのファクターとしてファイナルレシオもありますが、そこは未だに模索しています。
この日本一に輝いたN-PLANマフラーは販売する(販売してますか?中釜さん?笑)と思いますので気になる方はぜひお問合せ下さい。

N-PLANレーシング←こちらへ

足回りも含め車体にも色々苦労しました・・・余談ですがフロントフォークのスプリングも試しましたがSTDのWレートのスプリングを使っています。ワタシ含め柳沢もしっくりくるようです。フォークオイルは固めのもので減衰は効かせています。

HRC GROMについて、まだまだSHANTIでは第3章用意しております。GROMでレースに参戦したい方やサーキット走行されたい方はぜひお気軽にご連絡下さい。それでは今年1年GROMプロジェクトにお付き合い頂きましてありがとうございました!!

GROM×柳沢祐一 GROM CUP GC

HRC GROM CUP GRANDCHAMPIONSHIP
予選:9位 決勝:1位 日本一!!

この1年、SHANTIのGROMプロジェクトとしての第2弾で柳沢祐一を起用して臨んで来ました。結果的に筑波コース1000リンクスにおけるグロムカップはシリーズチャンピオンと獲得し、この今回のHRC GROM CUP GRANDCHAMPIONSHIPに参戦する事となりました。ツインリンクもてぎは柳沢がかつてGP125クラスで世界に挑んだサーキットでもあり、久しぶりのロードコースのスプリントレース。僕らも非常に楽しみにしていました。練習時間なんてほとんど無いので・・・昨年のファイナルをベースに柳沢の走りに合わせた仕様に。マフラーはリンクスの終盤から採用したN-PLANマフラー。エンジンマップも去年ベースから小変更。これだけ笑 なんともこちらもドキドキするものでした・・・。予選は途中で集団から抜け出てしまい・・・数周に渡ってロス・・・誰からもスリップをもらえない中終わってしまい9位・・・。
3列目からスタートした柳沢は1周目を2番手で帰ってきます。その後はトップグループ10台近い中での混戦に。何度もトップが入れ替わり、順位なんてわからない状態。残り数周で前に出た柳沢は、そのまま最終ラップに入りますが、トップで迎えた最終コーナー(東コースなのでヘアピン)でなんとバックマーカーにつかまります・・・アウトのラインを選択しそのまま逃げ切って優勝!念願の日本一を手に入れました!今回のグロムカップは非常にレベルが高く、西からも猛者が参戦。この中で勝てたことは非常に嬉しい勝利となりました。
参戦にあたりご協力頂きました各メーカー様、本当にありがとうございました!!

Photo by KAJISAKIsan THX