レース

鈴鹿4時間耐久ロードレース

2018鈴鹿4時間耐久ロードレース
ST600(INT)
ENDLESS TEAM SHANTI ESS RT
第1ライダー 澤村俊紀 第2ライダー 藤平康人 第1ライダー予選:9位 第2ライダー予選:27位 予選総合:17位(総合)11位(INT) 決勝:47位(総合)23位(INT)



今年も鈴鹿の暑い熱い夏がやって参りました!鈴鹿8時間耐久レースの土曜日に開催される鈴鹿4時間耐久レースに今年も参戦しました。ライダーはインターの澤村とナショナルの藤平。クラスはINTになります。これが決まってからINT2人のライダーが組めることがわかり・・・少し不利ながらもチーム力で突破してやると意気込んでいきました笑
レース前のテストから澤村も藤平もイマイチ波に乗れないのかタイム的には非常にマズく・・・藤平に至っては懸念していました。とりあえずのタイム設定と車体の作り込みからウイークがスタート。木曜日の時点では台風が来ることが分かっていたので雨も想定していました。とりあえずは良い方向に木曜日は進み、金曜日の予選が第2ライダーから始まります。ST600クラスなのでレギュレーションでは予選はタイヤが1セットしか使えません。本当は澤村を第2ライダーにするべきだったかもしれませんが今回はこのオーダー。元々藤平にはアタックラップ3周と告げていましたが、ベストベストできた3周めの中盤になんと赤旗・・・笑 ツイてないときはツイてないものです・・・。そのままタイヤ温存し、第1ライダーの澤村に予選を任せます。第1ライダーグループの予選が始まったのは時間が押した18時から。ナイトセッションか?と思うくらい日が傾いていましたが、とりあえずの19秒台。ペース的にバラつきがあったので18秒はマストでした。結果的には17位と少し沈んでしまいましたがなんとかトップ10に食い込みたいところでした。
そして朝の早い決勝がスタート。それも台風の影響でレインコンディションから。今回の車両は雨でテストしておらず、大体のイメージでレーススタート。序盤こそペースが悪かったものの徐々にポジションを回復し14番手まで上がります。1回目のピットでライダーを交代します。ここではタイヤはレインのまま。雨が上がりそうな雰囲気だったがまだレインだった。藤平がコースインして計測では2周目。帰ってこない。情報を得たのは5分後くらいだった。急遽修復の準備に取り掛かり、ライダーを待つ。4耐は時間が短いので転倒すればほぼ復帰は難しいかと思っていたのだったが転倒したのがヘアピンだったのでいけるかもと思った。案の定、カウルの交換だけでコースイン。ライダーは藤平のままだ!給油をしていないので可能だった話だが、もう一度走らせてくれと言うので行かせてやった。乾いてきた路面をレインタイヤで走る。タイヤマハがドライタイヤを準備してきた段階でうちもドライに変えるためピットイン。しかしすでにここで55番手近くまでポジションを落としてしまった。今回のピット作業は事前に念入りにテストしてきたため速い!給油・タイヤ交換全てスムーズ。残り2時間でなんとかいけるところまで行こうと。
いよいよ終盤に差し掛かった4時間耐久。タイヤは全く問題ないが湿度がハンパ無かった。ライダーの疲弊と何よりこんなにもコンデイションが変わると燃費計算が狂う・・・。最後までもたそうとしたが、転倒後のポジションが悪かったため、ギャンブルせずに1回給油にピットイン。最後は澤村がゴールした。今回も多くの人に支えられ、サポートされ挑んだ4耐だったが僕らは準備が足りなかった。本当に6割くらいだろう。耐久レースだということを忘れていたわけではなかったが、スプリントでの頭が半分くらいあったな。チーム監督として申し訳ない。もちろんコストや時間が足りないのは重々わかっていたが、もっと何かできただろうと。準備するものがあっただろうと。悔しくてしょうがない鈴鹿のレースとなった。藤平も自責で落ち込むがお前は来週筑波のレースだ。前向いて頑張ってくれ笑そんな暇は無い笑
ESSのゴーグルは最高にかっこよく、ピットスタッフのアイプロテクションは見やすく最高だった。ESS JAPAN様本当にありがとうございました!せめてピット作業が完璧だったのは誇らしく思っています。また来年、俺らはチャレンジするぞ!

SPL SPONSOR
ESS JAPAN
ENDLESS(WILDHOUSE)

もてぎロードレース選手権第3戦

もてぎロードレース選手権シリーズ第3戦
JP250(N)
ENDLESS TEAM SHANTI
鈴木洋一郎
予選:4位 決勝:5位





もてぎロードレース選手権も後半戦の第3戦。この日も灼熱のツインリンクもてぎでした。JP250は相変わらずのメンツでしたが、今回は少しバージョンアップしたCBR250RRを投入・・・の予定が少し予定が狂い第2戦と同じスペック。鈴木も前日練習とテストとイマイチタイムが上がらず。どうしたものかと思いセッティングを大きく大きく振る。これが良かったのか予選では少し調子を取り戻してきたが、惜しくも4位とフロントローを逃しました。全く真夏の気温が高い場合にはありえないであろうこの振り方がハマるとはサスペンションてのはわからないもんですね・・・苦笑 決勝はスタートが良かったもののその後にミスを連発しポジションを落としてきます。あとでオンボードカメラを見るとかなりしんどそうな感じ・・・。前を追いかけるレース展開になりましたが順当に1台1台抜いて5番手まで浮上しましたが・・・4位とは距離がありそのままチェッカーとなりました。夏のレースは特に考える事が多くて最近のハイグリップなタイヤのおかげからか今までの常識なんてあってないようなもので、少し頭を柔軟にしなければなりません。今回は特にそう思えたレースでした。さてさて来週は鈴鹿4時間耐久ロードレース。頑張っていきましょう!!

Photo by KIKUCHISAN SPL THX!!

鈴鹿4時間耐久ロードレース参戦

2018鈴鹿4時間耐久ロードレースST600

ENDLESS TEAM SHANTI ESS RT
チーム代表:風晴大翼
第1ライダー:澤村俊紀
第2ライダー:藤平康人



TEAM SHANTIは鈴鹿8時間耐久ロードレース併催として行われる鈴鹿4時間耐久ロードレースST600へ今年も参戦致します。今年は昨年とメンバーを入れ替え国際クラスにて戦います。レギュラー参戦している全日本ロードレース同様にENDLESS様、WILDHOUSE様とのパートナーシップはそのままに、今回強力なオフィシャルパートナーとして、ESS JAPAN様とタッグを組み、[ENDLESS TEAM SHANTI ESS RT]として参戦致します。。ESSブランドはオークリーグループのミリタリー部門として有名であり、米国防相から戦闘用アイプロテクションとして認定される高い技術力を誇るアイウェアブランドであり、警察、消防、レスキュー等幅広く活用されております。耐久レースはピット作業が必須であり、今回の4耐給油チームにこのESSブランドのゴーグル・アイプロテクションが使用されます。ライダーだけでは無くチーム力、そして高いレベルにある技術力を結集し、熱い夏を戦い抜きます。応援の程、よろしくお願い致します。

ESS JAPAN OFFICIAL SITE
WILDHOUSE(2輪エンドレスブレーキパッド総代理店)

全日本ロードレース選手権 第5戦 筑波

全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦 筑波
ST600 Supported by BRIDGESTONE
TEAM ENDLESS by SHANTI SSM
平野ルナ
予選(1.2共に):26位 レース1:18位 レース2:21位




いよいよ前半の折り返しとなるホームコース筑波戦。全日本にはチーム設立から参戦しているが筑波は欠かしたことが無い。それだけ特別なコースでの全日本。SUGOの翌々週の開催だったがあの寒かった宮城県から一転・・・梅雨が明けちまった笑 連日35℃近いレースウイーク。それも2レース。正直過去例に見ない大変なレースだった。初日から暑さのせいもあり、タイヤとサスペンションに苦しんだが徐々に前戦の経験を生かしてアジャストしてきた。全体的にタイムは1秒くらい遅い・・・。転倒も相次ぐ。その中で予選はなんと26位。また26位。どうにもこうにも予選が悪い。予選と序盤の遅さだ。困ったもんだ・・・良い方向になったとしても本番で生きない。それは経験としてとりあえずは良いかな。ホームコースだけあって多くの声援を頂きました。応援団もありがとうございました!!
レース1。怖いスタート後の1コーナーを抜けて淡々と走る。集団から抜け出してアベレージは地方選手権時代より良い。しかし2レース制なので周回数が短い。あっという間にやってくる終盤。徐々に追いつきながらも前のライダーは目と鼻の先。そのままチェッカー。が、上位の転倒もあり18位でポイントを獲得できたことはとても嬉しい!素直に嬉しい!内容は悪かったがサバイバルレースと言われる筑波で生き残ったワケだ。忘れられないレースになったかな?
翌日のレース2。ポイント獲得したことで少し気持ちに余裕が出てきたか朝フリーでは悪くない感じ。マシンも良い。少々邪魔されたけれどもこれはまた後で書こうかな・・・。レース2スタート。伊藤レーシング古山選手にピッタリと張り付くがペースが良く抜くまでには至らない。そのまま前のペースに引っ張られあっという間に前方の集団へ。まぁつまり序盤が悪かったということで・・・。その後徐々に前との差を詰め終盤追いついた。ラストラップ。第1ヘアピンでまず1台。そして残るは最終コーナー・・・と思ったがなんとイエローフラッグ。ラインを合わせて立ち上がりでゼブラから並ぶ並ぶ・・・同タイムフィニッシュ。しかし写真判定で惜しくも21位となってしまった。が。レース2に成長を見せてくれたことが非常に嬉しい。ここで得た経験は必ず後半戦、そして来年に生きる。やはり何かを変えるのはホームコース。筑波様様でした。私としては非常に満足したこの筑波の全日本となりました。多くの皆さん本当にありがとうございました!!

全日本ロードレース選手権第4戦SUGO

全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 SUGO
ST600 Supported by BRIDGESTONE
TEAM ENDLESS by SHANTI SSM
平野ルナ
予選:26位 決勝:21位




しばらく間が空いた全日本ロードレース選手権ST600クラス。6月に入って寒い寒いSUGO。気温は16℃くらいだったかな?どこへ行くにも寒すぎた。初日はレインコンディション。SUGO自体平野ルナは初めて走るコースだったが、事前テストである程度お勉強。地方選手権じゃ悪くないタイムも全日本は流石に厳しいね・・・。レインはまずまずなんだが・・・。雨乞いはしたくないね笑 初日で転倒があったので少し不安だったが本人はケロッとしてゼブラ乗っちゃって~。・・・元気があって良い・・・。とにかくドライでのセッティングとライダーの頑張りかな。予選はとにかく速いライダーの位置で必死に食らいつけと。しかし中々事前テストのタイムを超えられない。寒さが影響していたとはいえ、さすがに全日本の予選だ。いまいち転倒と雨の後で元気がない。そのまま26番手と沈んでしまった。
初めてのSUGOのレース。当然追い上げのレース。スタートはいつものように無難にこなし、あとはしっかりと前向いて走って欲しかった。・・・が、前が離れすぎた・・・当分の課題はこの序盤の遅さだ。圧倒的に遅い。困った。追い上げとなってしまったが気づけばポイント獲得まであと1台。前は徐々に近づいてくる。こちらの方が1秒近くラップタイムが速い。いけるか?と思ったがそのままチェッカー。SUGOは平野に相性の良いサーキットだと思ったが、色々な要素が絡んでハードもソフトも悪い方に行ってしまった。チームも少し反省しなければならいところなわけで。次はホームコース筑波サーキット。2レースある。しっかりとSUGOでつかんだことを生かしてせめてポイント取るレースがしたいかな。応援頂いた皆様ありがとうございました!!そしてたくさんの差し入れも♪
個人的には地元東北でレースが出来ることはとても嬉しい。東北の空気吸ってるだけで元気になれそうだ。そのまま北上して地元に帰りたかったけどね。来週は中3日で筑波の事前テストがあるからそうも言ってられない・・・。

筑波ロードレース選手権第2戦

筑波ロードレース選手権シリーズ第2戦
ST600(N)
ENDLESS TEAM SHANTI
藤平康人
予選:16位 決勝:14位
JP250(N)
ENDLESS TEAM SHANTI
鈴木洋一郎
予選:10位(7位) 決勝:DNF

筑波選手権も第2戦。藤平は事前のテストが不十分すぎる形のまま終わってしまった。第1戦からほぼ走行していない筑波。色々とスケジュールの兼ね合いや資金的な問題もあると思うがここまでひどいとは思わなかった。正直。タイムこそ前回よりは上がったが頭打ちが早い。今のままではこれ以上伸びないだろうなぁ。準備不足が否めないのでこのまま終わりとしようかな・・・。
JP250の鈴木洋一郎も久しぶりの筑波走行からレースを迎えたがタイムは向上。今までの走り込みが効いてきた。決勝は良いところを見せられるポジションにいたが・・・よくわからないマシンがアウト側から追突。コントロールタワーへ確認にいったが間違いなくアウトからT字で追突してきている。訳がわからない。なんとも後味の悪いレースとなってしまった。

もてぎロードレース選手権第2戦

もてぎロードレース選手権シリーズ第2戦
JP250(N)
ENDLESS TEAM SHANTI
鈴木洋一郎
予選:2位 決勝:3位




もてぎロードレース選手権も第2戦となり前半戦の折り返しのレースとなりました。今回は事前の金曜日の走行がスケジュールの都合により走る事が出来ず、テスト無しからの土曜日1DAYレース。それでも鈴木洋一郎は朝フリーで自己ベストを記録して調子の良い感じ。危惧していたネガも対処出来たので予選にかなり期待を持ちました。エンジンも車体も良い方向に進み、予選はライダー自身初のフロントローの2番手スタートに。トップのライダーとは少しタイム差がありましたので集団のレース展開になると予想していました。 ツインリンクもてぎはこの日は快晴。この日最終レースのJP250はスタートしたのは16時すぎでした。スタートは無難に決まったかのように見えましたが1周目に8番手近くまでポジションダウン。ここから一気に追い上げ始めました。1周ごとに前のライダーをパスし、2番手のライダーへ迫ります。躊躇なくパスしポジション回復の2番手。ここから佐々木選手との4周にもわたる一騎打ちが始まりました・・・。見ているこちらもハラハラするような接近戦。コーナーごとにポジションが入れ替わり、ラストラップも2位でコントロールラインを通過。ダウンヒルを駆け下り、90℃コーナーを抜けて前にいましたが、ビクトリーコーナーで僅かなスキを突かれ3番手で立ち上がってきます。ホームストレートのストレート勝負。わずかにこちらのCBR250RRに有利でしたが僅差で届かず3位フィニッシュとなりました。本人は負けたがとても気持ちの良いレースが出来たと、そしてJP250クラスにステップアップして初の表彰台はチームとしても非常に嬉しいものでした。次戦は筑波ロードレース選手権第2戦。こちらも目が離せません!応援ありがとうございました!

Photo by KIKUCHISAN SPL THX!!

Jr. TEAM SHANTI 74

シーズン途中ですが、若手育成の名目の元74Daijiro(ポケバイ)のジュニアチームを発足致しました。チームカラーで走る2台のマシン。ライダーは森山兄弟です。まだフレッシュマンクラスですが、今後エキスパート昇格へ向けてチーム全体で支援出来ればと思っております。エントラント名は[Jr. TEAM SHANTI 74]になります。主にサーキット秋ヶ瀬、千葉北ポケバイコース、春名スポーツランドでのレース活動となります。今後のレース業界への底辺拡大を目指し随時拡大していく予定ですのでチームとして活動が興味ある方はお問合せ下さいませ。また、このジュニアチーム発足に向けてご協力いただきました皆様方にお礼申し上げます。レースとは。チームとは。その在り方を今一度考え取り組んで参ります。

全日本ロードレース選手権 第1戦ツインリンクもてぎ


全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 ツインリンクもてぎ
ST600 Supported by BRIDGESTONE
TEAM ENDLESS by SHANTI SSM
平野ルナ
予選:14位 決勝:22位




全日本ロードレース選手権が開幕しました。事前テストからいまいち波に乗り切れなかったライダーとチームはそのままウイークとなってしまいましたが少しずつではあるが前進したかと思います。天候も非常に不安定で、雨なのか?晴れるのか?判断が難しい中での開幕戦となり、難しいコンディションでの戦いとなりました。予選前日のART走行の最後にレースシミュレーションの序盤になんとエンジンブロー。後続車を巻き込んでしまい大変申し訳ない事を致しました。エンジンはスペアに積み替えたものの、原因がわからないためにチームスタッフも困惑していましたが、なんとか修復をし予選へと向かう事に。予選は嬉しい雨・・・この状態ではレインの方が助かります・・・正直・・・。恵みの雨となるか?マシンもトラブルは無いようで順調に周回。ラストアタックで14位まで上がることが出来ました。 迎えた決勝はドライコンデイション。レース日和な1日となり、観客の皆さんも楽しんでいってくれたことと思います。スタートは無難に決まりましたがさすがは激戦の全日本ST600.あっというまに下位集団の中に飲み込まれ徐々に離されていきます。ルーキーにとっては辛いでしょうが良い経験になったことと思います。そのまま一人旅でフィニッシュ。とりあえず無事にデビューレースを完走出来たことは非常に大きなものです。また、今回はエンドレスレディを含めレースクイーンさんのおかげもあり、多くの皆さまにカメラを向けていただいたピットウォーク。そして作業スペース前。多くのご声援を受けたことはなにより喜ばしいことです。ありがとうございます。次戦の全日本はSUGO。平野にとっては未知のサーキットですので、事前のテストからしっかりと準備して取り組みたいと思っております。まずは無事に開幕戦を終えた事をご報告とさせていただきます。ありがとうございました。

2018 GROM×柳沢祐一 リンクス

今年はチャンピオンナンバー1を付けて赤ゼッケンの元、筑波サーキットコース1000リンクスモトピクニックでのHRC GROM CUPに2シーズン目の参戦となりました。中々テストも出来ずに、新型のパーツも間に合わなく、ライダーには申し訳なかったですね・・・。とりあえず開幕戦を迎えられたことは本当にご協力いただいた皆さんのおかげです。予選は特に見せ場も無く終わったようですが・・・決勝はさすがの柳沢。トップグループに入り、先頭でレース引っ張りますが2周目の1コーナーにて接触転倒・・・。久しぶりに転倒したのを見た気がします笑 レースアクシデントでしたがシリーズチャンピオンを連覇は少し遠のいてしまいました・・・・が。コースレコードは奪い返しに行きたいですね。2戦目以降。しっかり準備していきます!