レース

SUGOテスト最終/龍之介

7/3スポーツランドSUGOへレース前最後のテスト。TEAM SHANTIが参戦するMFJ CUP JP250クラスは事前テストの割り振りが無いため、このスポーツ走行枠が最終のテストとなりました。前回の走行から大きな問題では無かったのですが、フロントフォーク及びリア周りの仕様変更を加えて更なる可能性を追求する事となり非常に有意義なテストになったと思います。昨年のレースでは全く問題のなかった部分が顕著に表れるようになり、タイヤのグリップ性能が変わった?上がった?ようなイメージです。レース周回数を考えシミュレーションしましたがタイヤへの負担もだいぶ昨年より減ったような印象です。梅雨時期にドライでの走行を5本。天候に恵まれましたが、8月のレースは暑い熱いレースになることとなるでしょう・・・。

もてぎロードレース選手権第1戦

2020もてぎロードレース選手権シリーズ第1戦
JP250(N)
ENDLESS TEAM SHANTI
鈴木洋一郎
予選:13位(7位) 決勝:13位(7位)





もてぎロードレース選手権も開幕し、いよいよ本格的にロードレースのシーズンが始まった感じがします。コロナウイルスの影響で開催もどうかなと思いましたが地方選手権はなんてことないいつものレースウイークとなりました。今年も引き続きENDLESS TEAM SHANTIからは鈴木洋一郎がJP250へ参戦。aRacerのセットアップに費やす時間が無い中で予選となりましたが、ウイークに入る前の走行で転倒し、そのダメージがいきなり予選で表れるようになりました。ちなみにシフター。ダウンシフターのトラブルで苦戦しました・・・。センサーの誤作動が突然現れ、何度もブリッパーが効く症状に。ブレーキングで進んでしまいますよね。そんな中でも自己ベスト付近で走るのは厳しかったでしょう。決勝にはシフターを交換し何事も無く改善されました。決勝も快晴で素晴らしい天候の中でのレース。スタートを無難に決めて1周目に後方から少し飛び出したライダーに前を塞がれ、MFJカップを走る先頭グループには離されてしまいました。その後はいまいちペースが上がらず。2台での争いへ。ダウンヒルで前に出られ合わせましたが突っ込みすぎてラインを外しそのまま総合13位でフィニッシュ。なんともライダーには悔しいレースとなりました。
今回はチームとして初めてST250クラスにも参戦。CBR250R DREAM CUPに参戦したクラブ員共に良いレースを見せてくれました。いよいよスケジュール的には次戦は全日本ロードレース選手権。開催は?延期?中止?どちらにせよ準備はして参ります。

Photo by Kikuchisan SPL THX

筑波ロードレース選手権第1戦

筑波ロードレース選手権シリーズ第1戦
CBR250R DREAM CUP
ENDLESS TEAM SHANTI
中川空嶺
予選:5位 決勝:2位




2020年のロードレースが開幕しました。まずは筑波サーキット。新型コロナウイルスの影響もあり無観客という中で一般のお客さんがいない中でのレースとなりましたが各レースは非常にアツかった。空嶺は金曜の特別スポーツ走行からメカニックがしっかりと帯同して車体のセットアップを進めて自己ベストを1.5秒も更新する走りを見せてくれました。元々ポテンシャルのある若いライダーですのでそのくらいは期待していましたが伸びしろしかありませんね。レース当日は非常に寒い1日となりました。予選の時間帯も気温は上がらず、各ライダータイムが伸びない状況。空嶺も昨日出したベストには遠い10秒台。これも後から原因はわかったのですが、決勝には解決。
迎えた決勝レース。5番手からスタートしましたが、初めてのCBR250Rのスタートにしては上々で2番手で1コーナーを通過。すぐに3台のトップグループに入ります。一時はトップで最終コーナーを立ち上がってくるなど強さも見せます。徐々にトップが引き離しにかかり2台のバトルとなりましたが、そこは引かない空嶺。なんとか2位でロードレースデビューを飾りました。多くの写真やデータを見ても本当に伸びしろしかないライダーだと思います。それもあってのメインチームでの起用。これからが楽しみなライダーです。もちろんシリーズチャンピオンは狙いますし、あとは優勝しか頭に無いでしょうね笑 まだまだこんな面白いレースを続けるためにこのCBRカップには今後も力を入れていきたいと思っております。

2020 Jr. TEAM SHANTI

2020年シーズンはジュニアチームへの体制強化を図ります。HONDA NSF100 HRC Trophyへの参戦を開始し、小学生ライダー2人態勢にて2年スパンの体制でシーズンを戦います。アジア、そして国内レースへの将来的な投資としてこのジュニアチームは結成されました。昨今のポケバイからロードレースへの段階的な情勢を踏まえ昨年74Daijiroにて活動していたライダーのミニバイクへのステップアップとなりますがあくまでロードレースへの活動を視野に入れ当チームの若手ライダーへのアプローチを問われる一つの大きなプロジェクトになると思います。ライダーは森山浬(11)。神鳥風悟(12)。またトレーニングコーチには中村龍之介を起用し、ライダー間での双方の相乗効果を狙います。二人の若いライダーの活躍も期待して頂けたら幸いです。

Jr.TEAM SHANTI
代表 風晴大翼

2020シーズンレース参戦計画

2020年今年も全日本ロードレース選手権に参戦致しますが、今シーズンについては併催のMFJ CUP JP250クラスのみの参戦となりました。昨今の全日本を取巻く環境とカテゴリー変化を踏まえた上でENDLESS TEAM SHANTIは250以下へのクラスへ注力する方向へシフト致しました。シフトでは無く立ち上げ当初に返り戻ったといった方が正しいかもしれません。ライダーは昨年同様に中村龍之介を起用し昨年惜敗を喫したシリーズチャンピオン奪取に向かいます。
また地方選手権参戦を強化しCBR250R DREAM CUPへ中川空嶺(19)をチームに迎え改めて下位クラスへの重要性とチームの優位性を示すべく参戦致します。JP250クラスにはこちらも引き続き鈴木洋一郎が参戦しツインリンクもてぎを中心に悲願のシリーズチャンピオン獲得へいきます。更に昨年参戦を見送った鈴鹿4時間耐久ロードレースST600/JP250への参戦。アジアロードレース選手権鈴鹿戦には中村が挑戦する予定でおります。
その他多くのライダーが当チーム/クラブからも参戦致します。今年もTEAM SHANTIは全開でレース活動を行います。スポンサー含め協力会社の皆さまへ感謝すると共に参戦出来る事を嬉しく思っております。ご声援の程、よろしくお願い申し上げます。

ENDLESS TEAM SHANTI
代表 風晴大翼

鈴鹿サンデーロードレース選手権最終戦NGK杯

鈴鹿サンデーロードレース選手権シリーズ最終戦
NGK杯 フルコース開催
ST600(INT)
ENDLESS TEAM SHANTI
澤村俊紀
予選:4位 決勝:3位 クラス
シリーズチャンピオン獲得!!


急遽今年参戦となった鈴鹿サンデーロードレースもいよいよ最終戦NGK杯。金曜の走行は仕事の都合でキャンセルとなり社会人レーサーの辛いところが露呈しましたが・・・全日本にも参戦した鈴鹿での集大成として澤村の今年最後のレースとなりました。土曜日ははいきなりの予選。早朝から始まりましたが、全日本の車体をベースに1周アタックで自己ベスト付近を記録しましたが、バンクセンサーが脱落するというハプニングにより終了。毎回サンデーは何かが起きる笑 予選は4番手となりましたが、全日本ランカー相手にどこまで戦えるかが課題でした。もちろんシリーズチャンピオンの可能性も大いにありましたがしっかりと表彰台争いをしたいところ。日曜日も早朝2つ目のレース。スタートを失敗した澤村はスプーンでラインが交錯し8番手まで落としてしまいます。その後トップ3台が逃げてしまい4位グループでのレースへ。中盤にグループのトップに立ち、ヤマハ勢を相手に奮闘します。3位走行中のライダーが転倒し、一気に表彰台争いになったレースは最終ラップまでもつれ、130Rで前に出られたもののシケインの進入でパス。最終的に3位表彰台で終了。全戦3位という結果で笑 シリーズチャンピオンを獲得致しました。今年は地方選手権も含め1勝も出来ないシーズンとなってしまいましたが、なんとかシリーズチャンピオンという形で締めくくることが出来ました。このレースをもって今シーズンのロードレースのスケジュールは全て終了。ご声援ありがとうございました。

全日本ロードレース選手権第8戦鈴鹿

2019全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦
鈴鹿サーキット
ST600 Supported by BRIDGESTONE
ENDLESS TEAM SHANTI
鈴木光来/HONDA CBR600RR
予選:30位 出走台数33台
決勝:19位

澤村俊紀/HONDA CBR600RR
予選:31位 出走台数33台
決勝:23位

MFJ CUP JP250
ENDLESS TEAM SHANTI
中村龍之介/HONDA CBR250RR
予選:2位 出走台数34台
決勝:DNF



全日本ロードレース選手権も最終戦。鈴鹿サーキットMFJグランプリに参戦してきました。今回はレギュラーメンバーの他に澤村俊紀が鈴鹿サンデーロードレース選手権のランキング制度を使ってスポット参戦。3台の体制で臨む事に。3台は筑波サーキット以来でしたがさすがに今回の準備は大変だった。エンジン/車体全ての集大成としてライダーもそれなりに準備してきたと思う。龍之介はこの1年間を通して最も自信を見せていたレースだっただろう。
ST600は今年クラスを変えて参戦している光来だがまだマシンの理解度が低い。徐々に良くはなってきているのだが予選は30位と沈んだ。決して成長速度は遅くはないのだが、今年の激戦のST600クラスでポイント獲得の上位者の中ではまだまだ。澤村も3年前にフル参戦していたころのベストタイムを2秒も更新したが最下位に沈んでしまった。苦しいST600となった。しかし決勝は光来が気をはいてくれて19位。上位の転倒もあってこそだが、サバイバルレースを耐え抜きポイントを確実に取れたことは大きかった。澤村もバトルには負けたが良いレースだったと満足そうなのがわかった。光来はランキング31位?なのかな。今年のST600のチャレンジは終わった。・・・が澤村のNGK杯で鈴鹿にリベンジだ。

JP250クラスは木曜日に2本。金曜日は1本しか走行が無かったが、ファイナルの選択とエンジンマップの作業に集中してテストに励んだ。感触も良く予選前の2日目は全体トップも記録。29秒台への自信があった。予選は8時早朝から始まり、常時トップタイムにいたが、最後のアタックでベストをマークしてきながら引っかかり惜しくもタイム更新ならず。その後チャンピオンの笠井選手に抜かれてしまったが2番手からスタートすることになった。同日決勝。スタートは悪く・・・2コーナーを抜けたあたりで5番手付近。その後早めに前に出ようとしたのか?ラインを交錯したのか・・・前走者のリアにフロントを当ててしまい転倒。わずか20秒ほどで終わってしまった。肩を落とすスタッフ。これ程までにすべてに自信があってもレースはわからない。難しいものだね。ランキングは3位に後退となってしまったがこれにて全日本における全ての日程が終わりました。
ENDLESS TEAM SHANTIの2019年シーズン全日本ロードレース選手権チームに関わって下さった皆様。応援して頂いた方が、全ての皆さまに感謝しております。ありがとうございました。

ENDLESS TEAM SHANTI 代表 風晴大翼

全日本ロードレース選手権第7戦AP

2019全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦
オートポリスサーキット
MFJ CUP JP250
ENDLESS TEAM SHANTI
中村龍之介/HONDA CBR250RR
予選:総合8位(INT5位) 出走台数17台 決勝:総合4位(INT3位)
※AP終了時点 ランキング2位




岡山大会は残念ながら欠場となってしまいましたが、このオートポリス大会からはJP250の中村龍之介のみリスタートです。木曜日からの走行でしたが、台風の影響で霧と大雨により搬入も出来ずに終わってしまい金曜日からの走行となりました。中村は昨年に一度だけこのオートポリスでレースをしており、CBR250RRでは初めての走行でした。しかし金曜日の午前中も前日の雨が残りウェットコンディション。コースを思い出すだけで終了。午後の走行からようやくドライで走れることとなりましたが、この走行の後はもう予選という時間の無い緊迫した走行となりました。車体のセットをイメージ通りにセットしますが、上手くいかず、予選ではかなり大きく振ります。予選は8時から。序盤からタイムを上げますが、登りのセクションで大きくタイムを落とす。結果伸び悩み8番手と沈んでしまいました。良かれと思ったセットアップは実は逆に振っていたことに気づいたチームは逆に大きく戻し、決勝を迎えます。スタートを決めてトップグループに食らいつきトップに出る展開もありましたが、やはり詰め切れず、地元勢にやや遅れてしまいます。しかし最終ラップを2位で迎え、なんとかトップへ・・・と思いましたが地元勢にうまく刺されて結果INT3位という結果に。シリーズチャンピオンは獲られてしまいましたが、ランキング2位を維持。ライダーは今持てる全てを出し切ったとのコメント。1本しかないテストでは上出来の結果と私も思っております。残りは最終戦。キッチリ勝ちにいきたいですね。
遠く九州まで応援ありがとうございました!!

鈴鹿サンデーロードレース第4戦

鈴鹿サンデーロードレース選手権シリーズ第4戦
東コース開催
ST600(INT)
ENDLESS TEAM SHANTI
澤村俊紀
予選:1位 クラス(1位) 決勝:4位 クラス(3位)




もてぎロードレース選手権と同日開催というモビリティランドWレースという事での地方選手権。澤村には私風晴が帯同しました。ランキング次第では全日本参戦の権利が得れる大事なレースでした。今年は4耐も諦めて鈴鹿サンデーに注力してきましたからね。予選はドライ。序盤からハイペースで自己ベストを更新しながら走る澤村はそのまま自身初のST600ポールポジションを獲得。前日のもてぎとWポールポジションとなりました。この日の鈴鹿は雨が降ったり止んだりでST600の前にはレインレースとなったクラスもありましたが、ST600はドライコンディションでのレースへ。ホールショットを奪った(人生初?)澤村は逃げ切りに入りますが簡単にはいかない鈴鹿のレース。ペースが上がらない澤村に仕掛けるライバル勢がペースを上げ、澤村は3番手走行に。ラスト2周で雨が降り始めましたがランキングを気にしたのか?少し守りの走りになりましたね。ラストラップの最終コーナーでインに飛び込まれ4位でゴール。本人相当悔しかったみたいだけども上手く2位以下にコントロールされてしまいました。とりあえずレースを終えて暫定ランキング1位。サンデーは残るはNGK杯ですが、そこでチャンピオンを決められるようにしっかりと準備していきましょうね!!!!

もてぎロードレース選手権第4戦

2019もてぎロードレース選手権シリーズ第4戦
JP250(N)
ENDLESS TEAM SHANTI
鈴木洋一郎
予選:1位 決勝:3位





もてぎロードレース選手権はもう最終戦となりました。今回は鈴鹿サンデーロードレース第4戦と重なり、そちらに澤村が参戦したためにチームを分断し私は鈴鹿の方へ行っていたためiPhoneで見守る事になりました。予選は逆転のポールポジションとなりましたが、新しく仕様変更したフロントフォークオイルの粘度が合わず、ぶっつけの予選となってしまいましたが何とか・・・といったところでしょうか?速さは見せているが中々勝てないもてぎのJP250。決勝は落ち着いてスタートしたようですが、序盤のペース配分に失敗?ペースは遅くトップを逃がしてしまいました。3番手に落ちたところで徐々にペースが回復し、ファステストラップを記録しますがそのまま3位でフィニッシュと。今シーズンはポールポジションからスタートしても転倒やペースダウンがあり中々勝てないジンクスがありましたが、来期は常勝に向けて組み立てなおしたいですね。ちなみにこの87号車はEUCはノーマルです。CBR250RRのカップ仕様です。うちの中村が全日本で使用しているaRacerは入っていません。まだこれがカップECUの限界だとは思っていませんが(ベスト15秒台、ライバル車との比較が冷静に感じ取れたレースになりました。